ホーム > コンセプト

コンセプト

人にやさしい家

健康な建物が、住む人をやさしく包み込む。

「省エネECOハウス」は夏涼しく、冬あたたかい快適な室内環境を実現する高気密・高断熱の家。
優れた性能を発揮する断熱材「アクアフォーム」は接着性が高く、吹き付けるだけで隙間ができにくい為、年間を通して快適な室内環境を維持する事が可能です。

また、気密・断熱性が高くなる事で計画的な換気が可能となり、アレルギーなどの原因とされる花粉やハウスダストを効率よく排除します。


Wバリア工法

冬あたたかく、夏涼しい家

水で膨らむ優しい断熱材に包まれる安心感。

室間温度差が少なく、快適に過ごせる「新 省エネECO仕様(Wバリア工法)」

水で膨らみ、99%が空気でできた断熱材「アクアフォーム」に包まれた人にやさしい家なので快適な暮らしを実現できます。

夏、暑さを感じやすい屋根裏(小屋裏収納)も屋根で断熱をしているので快適。さらに、断熱材の上面ではアルミ蒸着を施したスペーサーが熱い太陽光の赤外線を70~80%反射して建物自体への熱の侵入を大幅にカットします。
また、新たに透湿・防水・遮熱シート採用で遮熱性能もさらにUP。

冬、体にこたえる底冷えも床下に寒い外気を取り入れない基礎断熱で、床下が室温と同じになり1階にいても快適温度。
湿度も室内と同じため、多湿期の床下結露も起きにくくなっています。

おサイフにやさしい家

家庭内の消費エネルギーを削減しつつ、効率的な電力利用が省エネ・省コストにつながる。

隙間のない構造で冷暖房の熱ロスが少なく、今までの一般的な住宅に比べ大幅に消費エネルギーを抑えられます。また、生活で利用するエネルギーを全て電気で賄う「オール電化」にすることで、効率よく消費コストをカットしCO2の削減を実現します。
さらに、火を使用しないことで火災の心配が少なく、お子様からお年寄りまで安心して暮らしていただけます。
人にやさしく、年間光熱費も下げる、それが「省エネECOハウス」です。


年間光熱費

高い断熱・気密性能を発揮。冷暖房費が、年間約7.7万円(約30%)の節約につながります。

高気密・高断熱だから冷暖房費を減らせて家計もCO2も大幅削減。


さらにオール電化を効率よく活用することで、より経済的に。


[エコキュート:標準仕様]

オール電化にすると5%(電力量料金)の「全電化住宅割引」が受けられ、電気料金がグーンとおトクになります!

また、家庭で消費するエネルギーのうち給湯の占める割合は約3分の1。
エコキュートなら、給湯コストを大幅カットします。
深夜電力でお湯を沸かすので、ランニングコストも格安!
さらに高効率・高圧力だから、2カ所同時でもお湯はたっぷりです!

※割引上限額、対象除外時期があります。

地球にやさしい家

消費エネルギーを削減し、永く愛される家。つまり、住むことがECOにつながる。

私たちが暮らす地球を美しいまま、未来の子供たちに受け渡していくこと。
家づくりを通して環境に貢献していくことが大切だと考え、「省エネECOハウス」は誕生しました。
住まいづくりの中心となる「木」の家は他の素材の家と比べても建築時のCO2排出量は低レベル。
また、木の持つ調湿作用や森林浴効果は、心地よい住環境と安らぎを与えます。
高い機能性を持った「木」を大切な資源としてとらえ、次世代の人々へバトンを受け渡していくことが、私たちの住まいづくりの使命だと考えます。


1棟で年間1,187kgのCO2削減に貢献できます。

それは、住むだけで「ブナの木」約108本分の植林しているのと同じ計算になります。

[省エネECOハウスと一般的な戸建住宅の年間CO2排出量]

地球環境に貢献でき、家計にもやさしい住宅。
「省エネECOハウス」は、次世代に美しい環境を受け渡していく、役割を担っていきます。

年間CO2排出量をブナの木に換算すると約108本分に相当

さらに、木造住宅は鉄骨やコンクリート住宅と比べて約58%もCO2の排出を削減できます。

[構造別の建築時のCO2排出量(kg-CO2)]

住宅を建設する時に排出するCO2の量を構造別に比較してみると、木造住宅は鉄骨系住宅(鉄筋コンクリート造、鉄骨造)に比べて、建設時に生じるCO2排出量が格段に少ないという特長があります。

木造住宅に比べて鉄骨造住宅は約2.4倍、鉄筋コンクリート住宅は約3.5倍のCO2を排出していることが分かると思います。
木造住宅が最も地球環境にやさしい工法だということなのです。

このページの先頭へ