皆さんは、家創りにどのような費用がどれくらいかかるかご存知でいらっしゃいますか?
今回はご注意いただきたい点も含めて、家創りでかかるであろう費用について、より具体的にご説明させていただきます。

坪単価っていくらですか??


というご質問には大きな落とし穴があることはご存知でしょうか?

住宅展示場へご来場の際には必ず、どこのハウスメーカーに行かれても、金額の目安としてのご質問で多いのが坪単価についてのご質問です。

この坪単価、実は同じハウスメーカーでも営業によって異なる場合も多いですし、全く参考になりません。最も大切なのは、その坪単価に何が含まれているのか。確認している方はほとんどいらっしゃいません。

例えば、消費税は込みですか?本体工事だけの単価ですか?付帯工事や諸費用まで含まれている単価ですか?どれをとってみても、何が含まれるかによって大きく変わってしまうのです。

今後、ご質問される際は、”本体工事、付帯工事、諸費用全て含めた税込みの坪単価は平均いくらですか??”
という質問に変えてみて下さいね。

 

家創りでかかる費用の項目


①大きいところで建物本体工事費というものがあります。

これは、各ハウスメーカーの建物のシリーズによって、この本体工事費は同じ床面積でも変わりますし、いわゆる、標準で含まれるキッチン・お風呂・洗面・1階2階のトイレ・外壁材・屋根材・構造材・断熱材・基本で付いてくる照明器具などもシリーズによって変わってくる場合もありますのでこの本体工事費に含まれる標準品の確認もしていただく必要がありますね。

「私たち・・・外壁材はタイルが良いと決めてて」とか「キッチンはアイランドキッチンを付けたい!」など要望があると金額も変わってきますよね?

 


②次が標準仕様からのグレードアップした場合のオプション工事費です。

これが先程お話させていただきましたように、外壁材を変更したり、設備をグレードアップした場合の標準との差額となります。

例えば・・・
玄関キーのグレードアップで
52,700円から150,000円【LIXIL】

システム収納セットで
42,200円から170,000円

テレビボードで
130,000円から300,000円

キッチンの水栓をタッチレスに変更で
80,600円

レンジフードをお掃除フードへ変更差額で
104,200円から152,780円

トイレに手洗い器追加で
100,000円から150,000円

全て税抜きですが、このように標準からのグレードアップには変更差額がかかりますので、是非、何が標準で本体金額に含まれるのかを是非ご確認下さい。

 


③次に建物を建てるための付帯工事費です。

確認申請費用や実施設計料、共通の仮説工事費、産業廃棄物処理費用、屋外給排水工事費、管理諸経費などか含まれる項目で、土地の大きさ・2階建てor3階建て・道路から建物までの距離・建物の大きさ・下水or浄化槽などの条件によってももちろん変わってきますが、税別で約300万円から350万円程かかってきます。

本体工事以外にも大きな金額がかかることを最初は皆さんご存知ではありません・・・

 


④の次に③以外の付帯工事費になりますが、例えば、建物が建っている場合は解体工事こちらは木造なのか鉄骨なのかによって変わりますし、大きさや解体工事する上で重機が使えるかどうかなどの要素も大きく関わってきます。

重機が使えない場合は手壊しというケースも!!!つまり人力で壊していくということですね。解体工事をする上で、解体する条件も金額に関わる大きな要素ということですね。
解体した後は、建物を建てるための事前工事、一般的には造成工事などがあります。
 
隣地の境界にブロックを積んだり、隣地との高低差が1、2mあるために、コンクリートの擁壁工事が必要になるケースもあります。その他余分な土を処分するための残土処理費用ですね。

この造成工事の予算としては60万円で収まるケースもあれば、300万から500万、1000万円以上かかるというケースも過去にありました。
これは、何より敷地をしっかりと調査する以外方法はありません・・・

その他、道路の狭さや隣地状況、電線、道路と敷地の高低差によっては運搬車両やクレーン車などが特殊なものになってしまうと、そこでまた40万円から50万円別途かかることもあるんですよ。

 


他にもまだまだあります・・・
建物建てる際には、土地の健康診断を実施します。つまり、地盤の調査ですね。

地盤調査の結果によって盤改良工事が必要となり、建物の大きさ・地盤の強度によっても改良方法が異なりますが、代表的なものとしては表層改良・柱状改良・鋼管杭工法があります
他にも、ジオクロス工法や砕石パイル工法なども、予算としては延床35坪の建物で約60万円から80万円ほどみておいたほうが良いかもしれませんね。

当然、軟弱地盤であればあるほど費用はかかってくるわけですがこれは、調査するしか方法はありません・・・

私も打合せの中で、ご家族皆さんいつもドキドキされています。
大きな金額ですからね。

 


項目を挙げるとたくさんありますが、今回最後にご紹介させていただくのは建物が完成してからのエクステリア(外構)工事ですね。

例えば、駐車場の土間コンクリートや、敷地まわりのフェンス、カーポート、玄関までのアプローチ、機能門柱などなどこちらも土地の大きさやご要望によって変わってきます。
通常は私も敷地の大きさ㎡あたり10,000円くらいの予算はみておきますが、早めにプランの作成を依頼されることをお勧めしますよ。

いかがでしょうか?
これまでご説明させていただきました内容の多さ、額に驚かれている方も多いのではないでしょうか?私がお伝えしたいのは、家創りでかかる費用というのは、様々な要素によって何百万円単位で変わってくるということ。

特に、土地からご検討されている方で、場所が気に入って建物の計画をせず土地だけ先行して購入する方・・・否定はしませんが、建物工事にかかる予算をみずに土地契約をすることがいかに怖いことか。

建てたい建物が建てれない・・・
一部屋削らないといけない・・・
建物を妥協しないといけない・・・
大幅な予算オーバー・・・

など、実際にお悩みの方も多いのではないでしょうか?
是非、土地だけではなく建物やその他かかる費用も算出した上で、土地の購入をお勧めいたします。

諸費用ってどのくらいかかるの?

えっっ????
まだまだ、その他にかかるの?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そうなんです!!! まだまだかかるのです。

具体的にご紹介いたしますね。
・住宅ローンの諸費用
(銀行によっても変わってきます)
・司法書士の先生にお支払する表示登記、保存登記、抵当権設定費用
(おおよそ45万円~50万円くらい)
・火災保険
(保険金額の内容によっても変わります)
・照明器具、カーテン工事
(通常は建物工事にはカーテンレールも付いておりません)
・引越し費用

というように、これまで坪単価の考え方や家創りにかかる費用についてお話させていただきましたが、ご理解いただけましたでしょうか?

本体金額だけでは家は建たないということですね!

それ以外に、様々な状況で変わりますが700万円以上は軽くかかるということが伝わればいいなと思います!

ありがとうございました。

 

☆もっと詳しく聞きたい方、ご相談したい方は、
 問い合わせフォーム、またはお近くの展示場までお越しください!

 【その他関連ページ】http://www.hinokiyanagoya.co.jp/why/

 【お問い合わせ】http://www.hinokiyanagoya.co.jp/contact/

 【展示場予約】http://www.hinokiyanagoya.co.jp/realsize/