62年の月日

私51歳

こんにちは
桧家住宅名古屋の菱川です
いつもブログご覧頂き、ありがとうございます。

本日のビックニュースでしたね、ロシアとの北方領土問題
1956年宣言を再開、62年!驚きの歳月です。
一人の人生の年月であり、何十人もの日本の首相が進展出来なかった
領土問題!

初めて本格的な進展を見せようとしていますね。
個人的に、この件、安倍首相すごいと感じました。

政治的な事、国際的な事に専門家のような知識はなく
この歯舞、色丹2島先行返還の方向性に、是非と唱える
つもりではありません。

私は、ロシアとの北方領土問題について子供の時から
今まで思い出が2つあります。

小学生1.2年1の頃のTVのニュースなどほとんど覚えているわけ
無いのですが、私は何故なのか、“北方領土返還!!”とデモ行進
するニュース映像が、すっと頭に何故か鮮明に記憶されています。
理由は、全くわかりません。何か強烈なインパクトを当時7.8歳の
私に何かを感じさせたのでしょう。

そして大人になり、北海道を度々ツーリングしました、根室や知床へ
行くと、壮大な光景から、北方領土がほんとに目の前に見え衝撃を
覚えました。こんな目と鼻の先に、日本ともロシアとも言えない広大な
島が!、60年以上も解決しないまま存在することに、不思議な感覚でした。
これは、現地に行ってこそわかる、距離感です。

それはそれはきれいな島だった事は忘れません。

日本、ロシアにウィン!ウィン!な解決は無いかもしれませんが、それでも
何か一筋の光を見つけ、日本人が普通に渡れる島になって欲しいと願います。

その折には、是非30年ぶりにバイクでツーリングで行ってみたいものです。