お役立ち営業ブログ、

こんにちは、戸建賃貸事業部の三浦です。
いつも当ブログをご愛読頂きありがとうございます。

今日は、相続シリーズ第2回目ということで「相続税はいくらぐらいかかるの?」ということを考えてみたいと思います。

相続税額は、お持ちの資産によって変わってきますが。
大体の目安を知るには、相続税早見表が便利です。

 

仮に、1億円の相続資産があり配偶者がご健在で、お子様がお二人だった場合、赤枠の交差するマスが税額になります。
この表だと 315万円ですね。

次に、配偶者がいない場合ですが

なんと、770万円になってしまいます。
昔は、物納といって土地を国に収めるケースもありましたが、今では物納は認めらていないため土地を売却して現金で納税するしか方法はありません。

このような事情から、相続税対策の必要性が高まってきたという事のようです。

次回は、なぜ戸建賃貸が相続税対策に有効なのかというテーマでお話し致します。

寒い日が続きますが、お体にはお気をつけてまたお目に掛かります。