土地探しスタート!!!

さぁ、家を建てよう!そう考えた時、何から始めましょうか?
ハウジングセンターに行く、不動産屋さんへ行くなどなど様々かと思います。
土地であれば、SUUMOやat homeなどといった「ネットで調べる」という方が多いかと思います。相場を知るという意味ではとても有効的です。

土地検索の際、出てくる「土地の広さ」、いったい自分の欲しい家にはどの広さの土地が必要なのでしょうか。

 

土地の広さの単位を整理しておきましょう

m2(へいべい)が一般的ですが、色々な単位があります。

m  (メートル)
cm  (センチメートル)
mm  (ミリ)
坪  (つぼ)
帖 or 畳  (じょう)

1坪=2帖=3.3124m2

となります。
土地だけではなく、建物の話の時にも出てきますので、覚えておくと便利ですよ。

例えば…

7.4529m2は、何帖か?
7.4529÷3.3124=2.25坪
2.25坪×2→4.5帖

畳が何枚分だろう?
そんな感じでイメージしてみてみると分かりやすいかもしれません。

まず、初めに・・・どのくらい大きさのお住まいを建てたいですか?

     

このプランのお住まい。3LDK、LDKは18帖以上、主寝室8帖、子ども室6帖2部屋

1・2階の合計の床面積(延床面積)は、102.68㎡です。

一般的な大きさのお住まいといえます。こちらのお住まいで具体的に見ていきたいと思います。

さっそく、土地の広さを見るポイントをチェックをしてみましょう。

<A>家を建てる際、足場と言って職人さんの作業スペースを作ります。

なので、敷地ギリギリまで家を計画する事はできません。当社では、60cm(0.6m)又は、70cm(0.7m)空けて計画しておくとよいでしょう。

<B>家の周りには、エコキュートやエアコンの室外機などの機器が設置される事が多くあります。エコキュートのメンテナンス等を考えると110cm(1m)又は、120cm(1.2m)空けて計画しておくとよいでしょう。

<C>駐車スペースも必ずと言っていいほど、必要となります。ファミリーカーで3m×5.5m軽自動車で2.5m×4mこのサイズであれば、ゆったり計画出来ます。お持ちの車のサイズによって変わります。

<D>道路方向によって、日当たりを考慮したりとスペースを空けて家を計画する事もあります。朝は東から、日中は南から、夕方は西から・・・北は一定の安定した明るさが取れます。道路方向によって計画も変わってくるんですね。

実際に計画してみましょう。

図でいう横(東西)は、B1.2m+建物6.37m+C5.5m=13.07m

縦(南北)は、A0.6m+建物8.19m+D0.6m=9.39m

となります。あと少しで必要な面積がわかります!

13.07×9.39=122.7273㎡

坪数でいうと・・・

122.7273÷3.3124=37.05…坪

となります。

ただし、建築基準法や愛知県の条例など、法令も関わってきます。工事の目線でみると他にも注意点がありますので、あくまで目安と考えて、決める前に、必ず建築会社さんへご相談下さいね。

「広い土地がいい!」その言葉には、どんなご要望が隠れていますか?

庭で家族でバーベキューをしたい!

犬を飼いたい!
車は3台止めたい!
日当たりがいい家がいい!
子どもは5人欲しい!
将来、両親を引き取りたいので、1階にもう一部屋欲しい!

家づくりを考えると色々な夢や要望が出てくると思います。まずは、家を建てて何をしたいのかをご家族で考えて整理してみて下さい。

家族で意見がバラバラでどうしよう!!!

ご家族で、特に奥様と旦那様の意見がバラバラの場合があります。

そんな時は、信頼できる住宅営業さんに相談するといいかと思いますよ。
ただ、全てのご要望を叶えるスーパーマンは、居ませんので、ご注意ください。
親身に一緒に考え、ご提案致します。

 

そんな、考えがあったのか!

当社では、屋上のあるお住いを得意としております。
屋上があれば、家族でのバーベキューや犬を飼いたい、広いバルコニーが欲しい!その上、土地がコンパクトでも夢を叶える事が出来ます。屋上を体感頂けるリアルサイズ展示場がございますので、一度お越しください。