家を建てる時に何から始めればいいの?

家を作ろうと思ったときに皆さんは何をまず考えますか?

外装、収納、家具、部屋の大きさや数、値段などなど、たくさん考えることがありますよね、、、

私が家づくりについて色々と調べた結果、
最終的に行き着いた最も大切なことは快適性です!!
実際に家に住んでから何年間も快適ではない所で生活なんてしたくないですよね?では、快適な家を建てる為ににはどのようなところに注目していけばいいのか紹介していきます!

快適な家は温度から!

皆さん夏は冷房、冬は暖房などを点けて暑さ寒さをしのいでいますよね?

ただ、エアコンをつけてもなかなか涼しくならないし、涼しくなっても扉を開けっぱなししてしまうと廊下の暑い空気がすぐ部屋に入ってきてしまい「扉ちゃんと閉めて!」「自分で閉めて」みたい喧嘩になったことありませんか?(笑)。それにエアコンの電源を消したら一瞬でまた暑い部屋に逆戻りしてしまいませんか?そして、なんと、冬も全く同じことが起きませんでしょうか。

すぐに温度が不快に変わってしまうのは、家の断熱がしっかりとできていないからなんです!

家の壁には断熱材という、室内と室外の温度が移ってしまうのを防ぐためのもので、どの家の壁にも入っているはずです。はず、です。

しかし、断熱材は種類によって年々劣化していき全く機能しなくなってしまう種類もあるのです。
皆さんの家の断熱材は大丈夫ですか、、、?

もし断熱材が機能していないと、室内の温度はすぐに外に逃げてしまい、余分に光熱費を使ってしまうことになります。逆に断熱材がしっかりと機能していれば、外に快適な温度が逃げなくなるのですぐに適温になるし、電源を切ってもしばらくは快適でいられるようになります。

また、断熱材には室内と室外の隙間をなくす働きもあります。さっき扉を開けっぱなしにしてけんかになってしまう話をしましたが、もし断熱材がしっかり働いておらず隙間ができてしまっていたら、常に扉を開けっぱなしにしているのと同じということになってしまうのです!!

つまり、家を建てる時の断熱材選びが今後の生活を快適性を良くするか悪くするかの重要な選択になるということを知っておかなければならないのです!

断熱材ってどんな種類があるの?

熱材は「繊維系断熱材」と「発泡プラスチック系断熱材」に大きく二分することができます。

繊維系断熱材は名前の通り、繊維がびっしり含まれていて、その中に含まれている空気が室外と室内の温度が移動するのを防いでいます。イメージとしては真冬に切るもこもこのジャンパーのような感じです。代表的なものに、グラスウール、ロックウール、セルロースファイバーなどがあります。

発泡プラスチック系断熱材も同じく名前の通りで、発泡スチロールのように、プラウチックを泡のように膨らませて多量の細かい空気を含ませて作られた断熱材です。代表的なものに、ポリスチレンフォーム、フェノールフォーム、ウレタンフォーム、などがあります。

その中でも特に私が優れていると思ったグラスウール、セルロースファイバー、ポリスチレンフォーム、ウレタンフォームの4種類について解説していきます。

グラスウール

主に、リサイクルなどで集められたガラスを高温で溶かし、綿状にしたものです。

グラスウールは断熱性能が非常に高く、ガラスから作られているため燃えない。さらに、かなり安いという特徴があるため、かなり主流な断熱材として使用されています。

しかし、グラスウールの最大のデメリットが、湿気に弱いということです。壁の間の水分を吸収してしまうと、縮んでしまい隙間だらけになってしまいます。これでは、本来の断熱性能を発揮できなくなってしまうのです。これを防ぐために、グラスウールを袋に詰めた状態で施工するという方法が一般的です。こうすることによってグラスウールが水分を吸収することを防いでくれます。
しかし、袋詰めの状態だとどうしても細かな場所に対応できなくなってしまうため、壁の中に隙間ができてしまうという問題があります。しかし、グラスウールはこれだけ性能もよくてローコストなので、しっかりと防水対策をすれば非常に優秀な断熱材と言えるでしょう。

セルロースファイバー

セルロースファイバーは、回収した新聞古紙を主原料に作られた断熱材です。
断熱性、防音性、防虫性に富んでいる素晴らしい断熱材です。セルロースファーバーは綿のような状態で壁に吹付けて使うため、グラスウールのように壁に空洞ができずらく、安定して断熱性を発揮することができます。また、セルロースファイバーは湿気を吐いたり吸ったりする調湿性があるため、室内の湿度を調整することができます。

写真参考;http://www.cellulosefiber.jp/toha/

ポリスチレンフォーム

ポリスチレンフォームはいわゆる発泡スチロールのことです。

実際に魚の保冷用の箱として使われているのをよく見ますよね?発泡スチロールも細かい空気をたくさん含んでいるので断熱性に優れています。

しかも価格が安く、水に湿って弱くなることもないしという特徴があります。最大のデメリットは熱に弱いということです。強い熱に当たると縮んでしまい、断熱材として機能しなくなります。

ウレタンフォーム

ウレタンフォームはウレタン樹脂にフロンガスを発泡剤として吹付けることで膨らませてできた断熱材です。

一瞬で何倍にも膨らむため、壁に直接吹き付けることでその場で広がり全体を覆いつくすことができます。

そのため、他の断熱材に比べて隙間なく断熱材で埋めることができるというメリットがあります→気密性。断熱性も優れていて透湿性にも優れてるのです効果性も高く、湿気がたまりにくいため長持ちするという面もあります。ただ、お値段がかなり張ってしまうという問題があります。

 

進化した断熱材アクアフォーム

アクアフォームとは、進化したウレタンフォームのことです。

ウレタンフォーム説明に乗っている通り、フロンを使って発砲させて作っていましたが、アクアフォームは水と触媒だけで発泡させるので環境にやさしいのです。また、フロンガスが抜けてしまうとウレタンフォームが縮んでしまい、断熱機能が低下するという問題がありましたが、アクアフォームは発砲したウレタンフォームが連続的につながっているため、空気が抜けてしまってもほかの隙間から空気を吸収するため、ほとんどしぼみません。

築10年の家の壁をはがし、アクアフォームが劣化していないか調べた結果、ほとんど劣化なしで正常に機能していたことも確認されています。

もちろん、ウレタンフォームの長所である断熱性、気密性、透湿性を兼ね備えているので非常に優秀な断熱材であるといえます。

また、アクアフォームはシックハウスの原因となる素材が全く含まれていません!トルエン、キシレン、酢酸エチルのような物質を含んでいません。

実際に体感するには展示場へ!

こまでの説明だけでは言葉だけなので、説明されてもなかなかイメージしずらいと思います。
そこで、実際に展示場に来てアクアフォームのすごさを体感してみませんか?

アクアフォームを使用している会社の中でも、その特徴をフルに生かしているのが株式会社桧家住宅です!

①アクアフォームを作っている「日本アクア」は、ヒノキヤグループ!

②家の基礎から屋根までまるっと、アクアフォームを余すことなく使用!

③アクアフォームの特性に合わせたオリジナル部材を使用!

④アクアフォームだから実現できた省エネな暮らし!

⑤アクアフォームだから実現出来た新時代冷暖システム「Z空調」が登場!

家づくり、快適がポイントになると感じましたが、皆様がいかがでしたでしょうか?

是非、展示場で体感してしてみて下さい。

インターネットで色々な情報が飛び交う中、実際に快適は体感してみるのが一番だとも思いました。