はじめに

お久しぶりです。セレクテリア7についてのお話以来の設計部久原です。

新入社員としての肩書が外れて仕事に対する責任感も強くなってきた今日この頃・・・

今回は建築を勉強中の私から【収納が少ない!と後悔しないために、押さえておきたいポイント】を3つの項目にて説明していきます。

自身の持ち物の把握をしてみましょう。

まず、一番当たり前のことではありますが、大半の方が出来ていない事ではないでしょうか。

将来、どのように使うからというところまで決めておけばまず失敗することはないと思います。

今をイメージして・・・

今、どのくらい物を持っているから・・・将来、どれだけの収納が必要になるか?
今の暮らしで、どこにどんな収納があったら、より便利に暮らせるか?

家族構成をイメージして・・・

将来、子供が出来たら、子供部屋に収納がほしい!将来ご両親とのかかわり方など、など、ある程度予想を立ててイメージして頂くといいかと思います。

※ただし、収納を作りすぎて生活スペースが狭くなってもいけないので、絶対必要なのか?など、最低限のスペースを考えておくことも必要です。

収納スペースの把握をしましょう。

気付いていない収納スペースも多々あったりします。

また、その空間が「どのくらいの大きさなのか」という事もしっかり押さえておきましょう。

こんなスペースあまっていませんか?

・床下収納
・階段下収納
・小屋裏収納
・壁の厚み収納

有効な収納の使い方

あらかじめどのような物をどこに使うのか、どのくらいスペースが余るのかというのをわかってさえいれば棚をつけるなど上手に収納空間を使うことができます。

さて、何を収納しますか?

例えば・・・布団のサイズ

シングルの場合、
敷布団 100cm×210cm掛布団 150cm×210cm

セミダブルの場合、
敷布団 120cm×210cm掛布団175cm×210cmが一般的だそうです。

参考;http://www.ofuton.info/topics_005.html

一度、身の回りにある物のサイズを測ってみては、いかがでしょうか?

家づくりを始める。そして、取り入れる。

ここまでポイントをご説明させて頂きましたが、基本的に完璧にやれている方が少ないのではないでしょうか。ちなみに、私は基本的に全部できていないですね。

でも、ご安心下さい。
親切な設計士さんが相談にのってくれます。

さて、では家を建てる際にプランに取り入れるといい「おすすめの収納」をご紹介していきます。

主寝室にウォークインクローゼット

最近は特に入れる方が多いです。
大きさは人によりまちまちですが、2帖~3帖くらいが一般的ですね。

納戸兼、書斎

単純に収納として使う人もいますし、収納兼趣味部屋として使う人も最近増えています。サイズは3帖~4帖くらいが多いと思います。

小屋裏収納兼、趣味の部屋

当社では、おなじみの小屋裏収納です。小屋裏のイメージは汚いや暗い埃っぽいなどのイメージをお持ちの方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか。実は・・・趣味部屋収納として使うにはもってこいの場所です。天井の高さは1.4m以下で隠れ処感が満載です!

当社では、デメリットである熱がこもるという弱点をアクアフォームや遮熱シートで熱がこもりにくくしてくれるので安心です。

アクアフォームについては、私の同期の「新人山下君」も書いていますので、よろしければ、ご覧下さい。

新入社員は見た!泡断熱のアクアフォームとは!?

最後に

 

収納は、お住まいにとって、とても大切なポイントです。しっかり検討して後悔のない家作りをして頂きたいと思います。

まだまだ駆け出しの私ですので有用な情報をご提供出来たか不安もありますが、お客様に育てて頂きながらたくさんの情報を提供できるようになれればと思います。収納の話はここまでにしておきます。参考になれば、と思います。

桧家住宅名古屋のリアルサイズ展示場では、
ウォークインクローゼットや小屋裏空間を見ることができますのでよろしければご自身の目で確認してみてください。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。
設計部 (新入社員)の久原でした!

名駅北展示場
小屋裏収納・ウォークインクローゼット・壁厚収納がご覧いただけます。

長久手展示場
岡崎展示場
小屋裏収納・ウォークインクローゼット、階段下収納がご覧いただけます。