お客様の視点で、お客様に満足いただける家づくりに挑戦。

元々はゼネコンに勤めていましたが、そのなかで明治時代に建てられた木造建築の移築に携わる機会があり、それをきっかけにすっかり木造建築の素晴らしさに魅了されてしまいました。そこで木の家づくりにこだわっている新和建設(桧家住宅名古屋の親会社)に転職。現在は新和建設で学んだことを活かし、桧家住宅名古屋で施工管理として働いています。20年間建築一筋ですが、「お客様第一主義」をモットーに仕事をしています。

全体から細部まで、こだわり尽くした家づくりを実現します。

お客様はもちろんのこと、営業・設計・職人など家づくりに関わるすべてのことを把握し、まとめ上げていくのが施工管理の仕事です。あらゆる情報を集約して家づくりの全体を見渡すようにしていますが、その一方で窓の位置やタイルの貼り方など、細かいところにもこだわっています。また、この家で快適に暮らせるだろうか、飽き飽きしないだろうか、など、常に自分の目と感覚でしっかり確かめながら最善を尽くして家づくりを行っています。

「ありがとう」の言葉とお客様の笑顔が何よりの宝物。

私をはじめ、桧家住宅名古屋のスタッフはみんな楽しみながらお客様の家づくりに携わっています。ただ、図面通りに出来上がっていても、お客様にはなかなかわかりませんので、お客様の目線になってわかりやすく伝えることを心掛けています。念願の家が完成し、お客様の喜ぶ顔を見ることがこの仕事の一番の醍醐味ですね。お客様から「ありがとう」の言葉や「倉橋さんに頼んで良かった」という言葉をいただけると本当に嬉しくなります。