お客様のことを想う家づくりには感動がある。

以前は大手ハウスメーカーに勤めていましたが、その会社は売上・生産性を重視する考えが強く、成果だけを追い求める仕事に物足りなさを感じるようになりました。そんななか、色々な住宅会社の中でも「家を建てるなら新和建設で建てたい」という評判を多く聞くようになり、他の住宅営業マンをうならせる会社とはどのような会社なのかと興味を持ち、ご縁あって新和建設(桧家住宅名古屋の親会社)に入社しました。売上・生産性を重視するハウスメーカーが多いなか、新和建設が追求していたのはお客様の満足度。ここの家づくりには真の感動があると思いました。そして、常に日本の住宅の課題を解決し続け、私達の暮らしに新たな価値を提供し続ける桧家住宅が私は大好きですね。

感じて欲しいのは季節ではなく、幸せです。

新和建設の家づくりは「木・技・心」にこだわり、大工さんと共に一つひとつ丁寧につくっていくスタイル。桧家住宅名古屋の家にはそのこだわりを受け継ぎつつも、断熱・空調・換気などを重視し、日本の暮らしの常識を変えたいという想いが込められています。営業としてお客様に伝えたいのは暮らしへの考え方や価値観。「この家では季節は感じなくていい、幸せを感じてください」とお話ししています。すべての方にエコで快適な暮らしを提供していきたいですね。

断熱材のように見えないところで安心・豊かさ・幸せを支える営業に。

私自身を家に例えるなら、アクアフォーム(断熱材)のような存在でありたいと思っています。断熱材は壁の中にあり、暮らし始めてからその存在を目にすることはありませんが、心地よい暮らしや健康的な暮らしを維持するためには欠かせない大切なものです。私もアクアフォームのように目には見えないけれど、たくさんのお客様の人生を豊かに、幸せにしていける人になりたいですね。お客様には家づくりを通して最高の笑顔と感動をお届けします。