戸建賃貸事業には大きな可能性が秘められています。

アパート・マンション経営など土地活用を提案する会社で長年営業を経験し、その後調剤薬局の店舗開発営業に転職。でも、薬局の規制強化など事業の将来性に疑問を抱くようになり、桧家住宅名古屋に入社しました。担当しているのは戸建賃貸事業の営業ですから、前々職の仕事とは通ずるところがあります。ただ、マンションやアパートより、戸建住宅には初期投資が抑えられる、相続時のトラブルを避けることができるなど可能性があると感じましたね。

オーナー様のことを想うからこそ、大切にしたい入居者の視点。

オーナー様の要望に合わせて「とにかく安く建ててしまえ」というのも一つの考え方かもしれませんが、私は入居者の目線でプランニングすることにこだわっています。どれだけコストを抑えて建設できても、賃貸住宅は入居してもらえなければ意味がありません。都市ガスがきているエリアなら必ず都市ガスを提案しますし、駐車場をつくる際も出入りのしやすさや駐車できる台数にも徹底してこだわります。入居者の視点で提案することが、オーナー様のお役に立つ秘訣だと思っています。

適切なライフプランニングが社会問題を解決する糸口に。

依然として持ち家を希望する人は多いものの、賃貸住宅を選ぶ人も確実に増えています。なかでも、のびのびと子育てができる、ペットを飼えるなどの理由から戸建賃貸のニーズは高まっています。その一方で供給数は少ないため、土地活用を考える方にとってはメリットやチャンスが豊富です。昨今、人口減少や大都市への移動などによって空き家の増加が社会問題化していますが、適切なライフプランニングを行うことで、解決に導いていけると思っています。