耐震構造

日本の住宅のほとんどはこの構造。
建物の構造をバランスや壁量、金物等を使用し。強く頑丈に造ります。地震の揺れを受け止めて耐える考え方。

桧家住宅では、ハイブリット工法を採用。
地震の揺れに強い構造用耐力面材で耐震性を高めます。
力の流れを分散し、一部に集中して外力を加えることなく安定した強度が保てます。

制震(オプション)

建物の壁の中にダンパーと呼ばれる制震装置を組み込み、地震の揺れを吸収する構造。揺れを吸収しますので、建物のひび割れなどを少なく出来ます。