全館空調が普及しない理由は、コスト

日本の気候は夏蒸し暑く、冬は寒い。
日本の冷暖房は、「人のいる部屋をいる時だけ」使う考え方。
必然的に家の中に温度差ができてしまい、それが健康リスクや不快さに繋がってきました。それを解決するためには「全館空調」は、とても必要なシステムなのです。

しかし、快適ではあるが、導入もランニングもコストが高い。
これが全館空調の最大の問題点でした。

Z空調がコストダウンできた理由

コストダウン出来た理由は、大きく分けて3つあります。

1.アクアフォームの高い高気密高断熱性能にエアコンを最適化できたこと。
2.従来の24時間換気システムをそのまま流用してシステム設計ができたこと。
3.オリジナル部材の開発などダクト長をできるだけ短くなるよう設計できたこと。

全ての人にエコで快適な住まいを「最高品質で最低価格」、桧家住宅の理念から生まれたシステムです。