省エネECOハウス

『Wバリア工法』とは、先進的な現場発泡断熱材「アクアフォーム」や赤外線をカットする「アルミ遮熱材」を組み合わせたを桧家住宅の標準仕様。
高気密・高断熱住宅として大幅に消費エネルギーをカットできます。
家全体“泡“と“アルミ”で丸ごと包み込み、一年中温度差が少なく、快適に過ごすことのできる省エネEco住宅です。

A.現場発泡断熱材
「アクアフォーム(屋根・壁)」「アクアフォームNEO+TP(基礎)」⇒夏場、暑くなりがちな小屋裏や冬場の床下からの底冷えを防ぎます。
B.遮熱タイプ通気スペーサー「アクエアーシルバー」⇒太陽の赤外線を屋根で防ぐことで冷房の効率化をアップさせます。
C.透湿・防水・遮熱シート「アクアシルバーウォールライト」⇒赤外線をカット。壁中の湿気を逃すことで結露を防止することができます。
D.アルミ樹脂複合断熱サッシ・遮熱Low-Eペアガラス⇒赤外線・紫外線を大幅にカット。外気の温度差から生じる結露も防止できます。

泡で断熱
=現場発泡断熱材「アクアフォーム」

水の力で発泡する環境にやさしい断熱材「アクアフォーム」
住宅の隅から隅まで家全体をスッポリと覆ってしまう現場で吹き付け発泡する断熱材です。

アルミで遮熱
=壁の赤外線カット!!
「アクアシルバーウォール」

外壁面に受けた太陽の熱は直接室内に侵入してきます。
アルミで太陽光線中に含まれる赤外線を反射します。

「アクエアーシルバー」

屋根は建物の比率からすると面積も広く、太陽からの陽射しを直接受ける場所です。
蒸着されたアルミにより赤外線を反射しで、放射熱を抑えます。

Wバリア工法について詳細は、こちらへ

Wバリア工法で、大幅に消費エネルギーをカット

高気密・高断熱に遮熱効果もプラスされた「Wバリア工法」
桧家住宅のお住まいでは、初期費用だけでなく、省エネルギーで光熱費なども配慮された暮らしをご提供することが出来ます。