断熱の場所がポイント

床の断熱の種類は、2種類あります。

床断熱・・・1階の床下の全面に断熱材を取り付ける工法
⇒床下は換気する事が必要だという考え

基礎断熱・・・基礎の部分で断熱する工法
⇒換気による外気の影響を受けにくく、基礎と床の空間を室内と同じ環境するという考え

床断熱が一般的です。

冬は・・・

断熱材のすぐ下には冷たい空気が流れています。
間仕切り壁や配管のすき間から冷気が忍び込んでいます。

シンシン冷えるのは、これが原因だったんです。

夏は・・・

湿った空気が外部から流れ込んでいる事もありました。
この場合、自然換気がうまくいかず、
床下で結露を起こしてしまっていました。

床が朽ちてしまった原因かもしれません。

基礎断熱の場合、床下の換気はどうなっているの?

基礎の中も室内と考え家全体を機械で計画的に換気していきます。
桧家住宅では、ココチEシステムという24時間換気システムを採用しております。

外気の影響を受けにくい為、お住まい頂いた際に冷暖房の効率が上がります!
エコで快適、そして、経済的!
桧家住宅の家には、欠かせないポイントでもあります。

ココチEシステムについては、