第一種換気システムとは?

第1種換気システムは、機械給気・機械排気する仕組みです。
給気も排気も機械で行う為、どの換気スタイルよりも計画的に換気ができるシステムです。

また、「給気した空気」と「排気する空気」の温度や湿度を再利用して温度差の少ない空気を取り込める熱交換型とすることもできます。性能を考えれば、「熱交換型」の「第1種換気」がベストです。

だからと言って、メリットばかりではありません。デメリットもあります。
デメリットは、やはり「コスト」です。

取り込んだ空気を部屋に流し、また集めて排出するためにどうしてもダクトが必要となります。壁の中や天井の上には空気のダクトを配備しなければなりませんので、そのような材料や施工コストは第3種換気と比べて高額となってしまうのです。

それでも、採用したい!
「熱交換型」の「第1種換気」=桧家住宅オリジナル「ココチE」

暮らしを真剣に考える桧家住宅には、
欠かせないシステムなのです。

①計画的に換気されていますので、新鮮な空気のお住まいになります。
  ⇒健康的に暮らして頂けます。

②熱交換が行われますので、家の中の温度が一定に近くなります。
  ⇒ヒートショックなどの軽減になり安全に暮らして頂けます。

③エアコンの効率が良くなり、光熱費が軽減できます。
  ⇒経済的に暮らして頂けます。


他にも、ココチEシステムならではのポイントもあります。
詳しくは、