毎日、寝起きして、また、お子様を育てる大切なお住まい。
きれいな空気で快適・健康に過ごして頂きたいと思います。その為には、どのような点に注意するとよいのでしょうか?

POINT1 壁の中

日本には、四季があります。
また、高温多湿の気候の下では、湿気対策が非常に重要になります。
注意すべきは、壁内結露です。
壁内結露が起こり、壁の中にとどまってしまうと、カビやダニの原因となります。カビやダニが増加すれば、気管支喘息などを引き起こす原因にもなります。

壁内結露が起こらない為には・・・「隙間」

隙間によって、暑い空気・冷たい空気が接することで結露が起こります。
隙間なく、しっかり隅々まで施工可能な断熱材選びが、清潔な壁の中を造ります。
桧家住宅では、アクアフォームという断熱材を使用しております。

詳しくは、


POINT2 換気システム

第1種換気システムを採用しております。
第一種換気システムは、機械給気・機械排気する仕組みです。給気も排気も機械で行うため、どの換気スタイルよりも計画的に換気ができるシステムと言えます。

また、桧家住宅のシステムでは、フィルターを通ってから室内に空気が入ってくるように計画されております。
アレルギーや花粉症のひどい人にとっては、より快適にお過ごし頂けます。

桧家住宅の換気システムについては


実際のお客様のお声でも嬉しい報告が!!

お引渡し後のお客様アンケートを掲載させて頂いております。
T様から頂きましたコメントは、敏感なお子様だからこそ、感じた変化ですね。

是非、実際のお声もご覧下さい。