住宅会社には、家づくりだけではなく、住まう環境をつくる使命がある

”環境アレルギーアドバイザー”という資格をご存知でしょうか?


一般社団 日本環境保健機構の「環境アレルギーアドバイザー」今年、取得した資格ですが、今の時代にとても重要な問題で、住宅の仕事に携わるものとして大切な知識だと感じています。

先天性にしろ後天性にしろ、世の中の多くの人がアレルギー疾患で、つらい思いをしています。私たちのお客様にも、花粉症はじめ、○○アレルギーやアトピー性皮膚炎など、様々な疾患をお持ちの方がいらっしゃいます。
化学のチカラによって暮らしは便利になった反面、衣、食、住に含まれる化学物質によって2人に1人がアレルギー疾患の問題を抱えています。

住宅環境が体に与える影響は少なくありません。
住宅の使用素材、空気環境、温度環境、精神的環境が体、健康を作ると私たちは考えます。

人間が体内に入れる物質の83%は空気

人が毎日、体に取り込む物質の83%が「空気」!さらに、その空気のうちの57%を「室内空気」が占めています。
私たちは1回の呼吸で400〜500mリットルの空気を吸い、1日に約3万回も呼吸をしています。健康のために食べ物や飲み物には気を使っている人も多いと思いますが、空気は無色無臭なので空気の質まで気にすることは、中々難しい問題でもあります。

花粉症や鼻炎などは、無色無臭の空気でも空気中に浮遊する花粉やハウスダストなどのアレルゲン(抗原)が粘膜から入ってくることで症状となって現れます。

気管支系喘息などの疾患があれば、チリダニやハウスダスト、ペットのフケ、カビなどのアレルギーに加え、PM2.5などの微粉塵が入ってくれば症状が現れます。

空気の質は、空気に混じる成分、異物だけではない。

空気のもう一方の視点で、空気のキレイさだけでなく人間の健康に大きく影響しそうなものが、温度と湿度です。温度と湿度は快適性に関する大きな指針ですが、人間の健康にも大きく寄与すると考えています。

高すぎる湿度は、熱中症の発生率を上げ、成分的にはカビなど菌類(ウイルスとは別)の発生を加速させやすいです。一方低すぎる湿度(過乾燥)は喉の痛み、肌荒れ、ウイルス(インフルエンザ等)の発生を加速します。

また、温度についてもリビングと廊下、浴室と脱衣所などに極端な温度差があると、ヒートショック現象で人間の身体に大きな負荷、ストレスを与えます。ストレス長期渡れば心臓疾患などの疾病にもつながりかねません、延長上には家庭内事故と言われる、脱衣所での脳梗塞、心筋梗塞も想定しなければなりません。

このように、空気は体に入れる大切な成分だけでなく、肌、脳、臓器にわたる健康への影響が出て来ることも皆さまも想像できるのではないかと思います。

人は年間通して、60%の時間は自宅室内にいる。

NHK放送文化研究所(2006)で日本人の生活を時間という尺度で捉えた国民生活時間調査によると、平均在宅時間は15.8時間。
個人差はあるのでしょうが、平日なら11時間~12時間、休日なら16時間~17時間は自宅内にいるとするなら、約60%は自宅室内で生活していることになります。昨今のコロナ感染症問題では、もっとこの比率が上がっていると思います。

私がこの業界(住宅)に入ったころは(30年前)、自然素材に変わり新建材というものが、住宅業界の標準的な材料となり接着剤や塗料からホルムアルデヒドなどを中心とする有害成分が揮発され、住宅内空気汚染を進行させていました。

世にいう、”シックハウス症候群”なるもので、社会問題でもありました。揮発性有害物質による、頭痛、めまい、吐き気などが主な現象です。2000年代に建築資材の製造規制が法律でも定められ、この問題は現在新築される住宅には、ほぼ皆無と言ってよいくらい安全です。

しかし、今まさに別の社会現象に対する課題が、住宅に求められています。

花粉症、アトピー、小児喘息、ヒートショック事故、熱中症など、30年前にはあまりクローズアップされなかった課題があります。一生のうち多くの空気を吸う室内環境は大切です。

住宅内の空気環境対策例

どこまで空気環境を追及するのか?悩ましい所です。究極は病院の無菌室まで行ってしまいます。これでは、住宅コストは際限ありませんし、ランニングコストも膨大です。
私たちが考える、住宅造りでの空気環境は、まさに最高品質を最低価格で!という考えで住宅空気性能を提供することです。不純物を除去して空気をきれいにする。
空気清浄器などがその代表例ですが、無色透明な空気でも空気清浄器などの高性能フィルターの汚れをみると、ビックリします。こんなに空気は汚れているのかと。

私たちの考えは、室内に汚れた(花粉やPM2.5、微粉塵)空気を入れる前に、おおもとで清浄しようという、専門的には第一種換気方式という工法で、まず入り口で空気を高性能フィルターできれいにして、全室に送り込む。言いかえれば、全室はおろか、廊下、トイレ家じゅう全て空気清浄器が働いている状態を作る事。これで花粉やPM2.5、微粉塵を遮断し多くの疾病を軽減してくれます。

空気のバリアフリーで温度湿度コントロール

桧家住宅は、全館空調(Z空調)は業界シェアNo1です。

この全館空調で各居室はもちろん、廊下、トイレ家じゅう全ての温度差をなくしてくれます。これにより温度差による結露の軽減、カビ発生などの抑制、温度差によるヒートショック防止につながります。

さらに大きな副産物として、”快適”がついてきます。

アレルギー対策の住みやすい家づくりの秘訣、お客様の声インタビューはコチラ

こんな、空気清浄、全館空調が体験ができる

名駅展示場へのお問合せは便利なLINEからお気軽へどうぞ。
友だち追加