家を建てたい!って思ったときにまずどのような行動を起こしますか?

〇ネットで調べる

〇住宅展示場に行く

〇不動産カウンターに行く

〇土地を見に行く

〇モデルハウスを見に行くetc、

たくさんの選択肢があるかと思います。

 

実際に家を建てる時に、どのような会社を選べば良いのでしょうか?

注文住宅を依頼することができる会社は、次の3つに分類することができます。

1.ハウスメーカー

2.工務店

3.設計事務所

ここではそれぞれの特徴メリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

◆ハウスメーカー

日本全国に規模を展開している住宅会社。

積水ハウス、セキスイハイム、大和ハウス工業、パナソニック ホームズ、ヘーベルハウス、ミサワホーム、住友林業、三井ホームの7社、または一条工務店やタマホームを含めた9社のことを言うことが多いです。

ただ、定義はあいまいなため、全国的に規模が広がっている場合はハウスメーカーと呼んだり、ハウスビルダーと呼んだりする場合があります。

<メリット>

・日本全国規模の会社ならではの安定感

・安心のアフターサービス

・有名なメーカーという安心感

・最先端の技術を導入できる可能性が高い

・工期が短くなりやすい

・規格型の商品があり、イメージがしやすい

<デメリット>

・坪単価が比較的に高くなりやすい。(広告宣伝費、展示場建設・維持費、人件費などに多く使われるため。)

・自由度が他と比べると低めで、細かい修正が聞きづらい

 

◆工務店

地域密着型で、一般的に中小規模の住宅会社。

<メリット>

・細かい注文に対応できる。

・始まりから終わりまで、同じ担当の方が担当をしてくれる。

・地域の金融機関とのつながりが深く、ローンを組むフローができており、スムーズに借りることができる可能性がある。

<デメリット>

・工期が長くなりやすい

・同じ工務店の中でも、店によって品質が大きく異なり、腕の良い会社とそうでない会社を区別することは難しい。

・モデルハウスなどが基本的にないため、イメージをしづらい。

 

◆設計事務所

敷地や希望に合わせた家を1から設計してくれるのが魅力。

自分だけの完全オリジナルな家を作ることができる。

<メリット>

・お客様の要望と土地に1番ピッタリなプランをじっくりと考え抜くことができます。

・家の工法を自由に選択することができる可能性がある。(木造、鉄骨,コンクリート、etc)

・施工会社を自由に選ぶことができる。

・営業経費や宣伝広告費がかからない

<デメリット>

・打ち合わせ回数が多く、設計に時間を要するため家ができるまでに時間がかかる

・設計管理費が必要になる

・デザインにこだわると材料コストが高くなってしまう

 

3つの違いについてご説明させていただきましたが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

アフターサービス、デザイン、性能、安心感など、自分が住宅に対して何を一番求めているかを考えてから会社を決めてみるのも良いのかも知れませんね。

 

桧家住宅名古屋とは?

全国に規模を広げるハウスビルダーの桧家グループに

新和建設100%出資で2011年に桧家グループに加盟して今年で9年目になります

新和建設で培った地元工務店としての木造の家造りのノウハウと、桧家住宅の高品質・低価格を実現する「省エネECOハウス」をより多くのお客様に提供したい。それが私たち桧家住宅名古屋の願いです。

 

○全館空調Z空調を搭載したリアル展示場で冬でも、「裸足で半袖でも暖かい暮らし!」を体験することが出来る名駅北のモデルルーム。

家を建てるならZ空調を搭載する or しない?を実際に体験して比較検討することができます。

他にも、

○「Z空調無しでも泡断熱+気密性だけで暖かい長久手・岡崎のモデルルーム」

当社では、屋上のあるお住まいを得意としております。
屋上があれば、家族でのバーベキューや犬を飼いたい、広いバルコニーが欲しい!その上、土地がコンパクトでも夢を叶える事が出来ます。

屋上を体感頂ける岡崎リアルサイズ展示場

青空リビングを体験頂ける長久手リアルサイズ展示場

〇比較的低価格で高性能な長持ちする家を建てたい。

〇光熱費を抑えつつ、家じゅう暖かい・涼しい一年中快適な暮らし。

〇空気のキレイな家で家族の健康を守りたい。

そんな、お客様の声にお応えしています。

 

晴れの日、雨の日、寒い日、暑い日、日常の中で「家族が快適に生活できる、幸せな家づくり」のお手伝いをさせていただきます。

リアルサイズ展示場

友だち追加