新和建設で培った地元工務店としての木造の家造りのノウハウと、桧家住宅の高品質・低価格を実現する「省エネECOハウス」をより多くのお客様に提供したい。

桧家住宅といえば、固定プランからセミオーダー化していく、”スマートワン”が、本体価格29坪1295万から300以上ラインナップされて、多くのお客様にわかりやすく、

お値打ちにご提供させています。

一方パレット型で価格がわかりやすい、カスタムフルオーダーでは、桧家住宅名古屋だからこその、お客様の幅広いご要望にお応えすることが出来ます。

スマートワンカスタム/カスタムフルオーダーで自由設計の例

やはり価格に一番大きく反映されるのは、床面積(坪数)になります。

価格帯と床面積にこだわりオプションで、素敵にグレードアップされた例をリビングを中心にご紹介します。

2000万円台(平均30坪~39坪)

標準的な30坪台の延床面積で、いくつかのオプションを組みあわせ、フルオーダーでお客様のこだわりが、LDKにも表れています。タタミダイニングで家族みんなで食事、食事の後は、ソファーでゴロリ! 天井を見上げれば、インテリアとしてアクセントにもなる、構造材の梁を化粧材としてモチーフ。少しのグレードアップオプションで愛着の湧く一部屋になります。

3000万円台(平均40坪~49坪)

平均よりは、少し大きめの42坪の延べ床面積に、こちらもあちこちにこだわりが満載、やはりLDKにオプション多数。床面積以上に大きく、広々間を出す目的が満載、オープン階段は壁が無く奥行きを広げ、リビングの中央に畳床を取り入れ、家具はローソファーにTV床置き、天井の高さ空間を出します。さらに見上げれば、吹き抜けで2階の天井まで大空間なゴージャスさをだしています。吹き抜けの中央には構造梁を全面に見せるデザインも、豪華さを増させます。

4000万円台(平均50坪~55坪)

こちらのこだわりポイントは、天井、壁、床の仕上げの素材です。 自然素材を多用しアンティークな仕上がりにして高級感を出しています。

床は、築200年のヨーロッパの洋館をイメージさせるような木質床材。

TV背面壁は、天然石をイメージしたかなり凹凸感の効いたタイルを全面に施し、毎日こだわり壁バックにTVを観る、贅沢なひと時です。

また天井には、無垢材に濃い目の塗装で落ち着きと高級感を出した、大人の天井です。

全て標準グレードアップですが、こだわりに妥協の無いリビングになりました。

こだわりの家

最後は、木造住宅の1室(LDK)?と思わせる、まるでタワーマンションの一室のような、名古屋市内の都市型リビングです。明るいテイストのLDKになりました。

このイメージを一番出しているのが、大理石調の床材、鏡のような光沢の表面が太陽光

部屋中に反射させ、明るさをましています。

Iランド型キッチン後方の桧家オリジナル壁面収納も、鏡面仕上げでベストマッチしています。

名駅展示場近くに本社事務所があり、設計士へのご相談も可能です。

 

↓↓↓ 展示場予約はコチラから ↓↓↓

https://www.hinokiyanagoya.co.jp/realsize/

LINE公式アカウントからもご予約できます。

友だち追加