ご要望としてよくお聞きするのは「土間収納」

最近とてもお聞きすることが増えました。ご家族によって土間収納の用途はそれぞれですよね。

今回はそんなご要望の多い土間収納の使い方についてお伝えいたします。

ご要望が多くなった理由とは・・・

防犯面

物騒な事件が多い中、外に物を置くのは不安、、、。

そんなお声を聞きます。

何があるか分からない世の中な今、対策の一つとして挙げられています。

敷地の制限

昔はお庭に倉庫が置いてあるご家庭が多かったのではないでしょうか?

最近ではお庭を作るよりも、

限られた敷地の中で駐車場のご計画を大きくつくられる方が増えております。

そのため、間取り内で外で使うものを置けるスペースを作られるそうです。

収納

お住まいのアパートが収納が少ない、靴をもっとおけるようになりたい、、、。

たくさんあっても困らない収納。

土間収納を作ることによってすっきりした空間を作られます。

あったら便利!土間収納の使い方

では実際に作ろうと考えたとき、どの大きさがいいのだろうを考えますよね。

例として挙げてみましたので是非、ご参考にしていただければと思います。

0.5帖の場合

0.5帖ですと、お出かけ用のコートやカッパ・傘をかけておいたり、外掃除用のほうきやちりとりを置くスペースとして活用できる大きさなのではないでしょうか。

また小さいお子様がいらっしゃるご家庭でしたらベビーカーや外に遊びに行く小道具などいいかもしれませんね。

1帖の場合

土間収納を作られるお客様で一番多い大きさです。

1帖あれば可動棚など付けてより利便性を高めるのもいいかもしれません。

可動棚には季節ものの飾りつけアイテムや、ゴルフバックやスキー・スノーボード用品、三輪車、自転車など外で使うアイテムも収納しやすい大きさかと思います。

2帖の場合

凄く広々をした空間になりますので、シューズクロークと兼用に計画してみたらいかがでしょう。

その他にもバイクを置くスペースにしたり、意外と置く場所が困るスタッドレスタイヤを置いたりと防犯面で活用するものいいですね。

その他には粗大ごみやプールなど大きい遊び道具を収納することも可能かと思います。

3帖以上

ここまで大きくつくられる方は少ないかと思いますが、ホールと繋げて家族専用玄関にしてみるのはいかがでしょうか。

どんな来客でも必ず家の中で見るのが「玄関」ですよね。どんな時でも綺麗に保つためにはいいアイデアかもしれません。

まとめ

ここまで帖数によっての活用法用をご紹介させて頂きました。

ただ、あくまで一つの例になりますのでご計画の際は「何を収納したいのか」をポイントに考えてみてください。

扉を付けるか付けないか、、、しまいたい物によって変わりますよね。

また、

しまいたい物+50㎝が最適な大きさと聞いたことがあります。

小さすぎても「全然入らなかった」大きすぎても「玄関をもっと大きくすればよかった」など建ててから後悔がないよう、満足のいくお家づくりをしてくださいね。