こんにちは、

本日のお役立ちブログは吉住です。

本日のテーマは”地盤”について

家創りでは、ご家族によって様々な価値観や考え方をお持ちでいらっしゃいます。

家創りで重要視する部分はとお尋ねすると・・・

・耐震性
・メンテナンス性
・間取り
・デザイン
・価格
・性能
・耐火性
・全館空調
・設備など

様々なご要望いただきますが、何千万という予算をかけて作った家が建つ場所はどこですか?

それは土地、土の上です。

 

せっかく満足のいく家創り、しっかりとした地盤調査や地盤の改良工事がなされず・・・

幸せな暮らしが一転・・・傾いた家に暮らすこともできず、住宅ローンと引越し先の家賃の2重払いの生活・・・

残念ながら、過去にこのような問題もご記憶にあるのではないでしょうか?

そう、家創りにおいて大切な要素の一つは”地盤”です。

あまり、具体的な調査方法や大切さというのは、あまり触れられる事が少ないのが現状ですが

とても大切であると私は考えます。

例えば、軟弱な地盤や、盛土地盤などでは、地盤が徐々に沈下してその上の建物が地盤に追随して傾くことがあります。

このような現象を不同沈下と言います。

建物や基礎に亀裂が入ったり、下水の排水が悪くなったり、いろいろな障害が現れてきたときは、

まず不同沈下であるかどうかを疑ってみるべきでしょう。

沈下が大きいときには、ほとんど半壊状態となり、住めなくなってしまう場合さえあるのです。

そしてその復旧には500万~1000万円もの費用がかかるのが普通です。

想像できますか?

 

そこで、必要なのは土地の健康診断である”地盤調査”です。

一般的な戸建を建てる際は、スェーデン式サウンディング試験という試験を擁壁工事などを新たに実施する際は、ボーリング調査というものを実施します。

その土地の健康診断を正しい方法で実施をし、その診断結果にあった正しい治療(改良工事)法で工事を行うことで地盤の上に立つ建物への安心が深まるということですね。

この写真は、私がお手伝いさせていただいている現場のボーリング調査の結果と土質の採取サンプルです。

先日の打合せに同席いただき、お客様への説明を実施していただきました。

今回は2.5mという高さのコンクリートのL型擁壁を工事するにあたり、擁壁下の改良が必要かどうかの調査でした。

地盤については、目には見えない部分になりますので

調査結果によってはもちろん改良工事にかかる費用も重要です。

しっかりと、最初から予算をみていますか?

資金計画書の中に”地盤改良工事費用”という項目で予算をしっかりとっていますか?

改良工事の方法は、一般的には3種類があります。

①表層改良工事

②柱状改良工事

③鋼管杭改良工事

その他にも、ジオクロス工法、砕石パイル工法など

地盤が固い支持層の深さや、建物の大きさなどによっても改良の深さ・本数が変わってきますが

まず、事前に予算(約60万円から90万円)をみておく事と可能であれば地盤調査に立ち会うこともとても大切です。

皆さんの、将来、幸せな暮らしのために是非、”地盤”というポイントにもしっかりと興味を持っていただき、楽しい家創りとなることを心より願っています。

いつもありがとうございます!

住宅地盤の基礎知識