28才で結婚と同時にマイホーム取得

入社7年目で結婚。注文住宅業界でマイホーム取得や家づくりを内側から学んできた事で、結婚したら賃貸には住まない!家賃で消えていくのは勿体ない!と、20代前半から思っていました。

とは言え、マイホームを持とうと思っても簡単ではなく、決断⇒借入⇒返済できるか?など問題は山積みでした。

戸建て注文住宅の会社で働いているので、戸建て新築を建てたいという思うのが当然なわけですが、入社7年目の28歳で結婚して手取り19万円の給料では資金力がありません。

現在では、20代後半で3000万、4000万円、借入をしてマイホームを取得される方は良く見かけますが、25年前は住宅ローンの金利がフラット30でも3%台(現在はフラット35、金利1.56%)で金利返済も大きな壁でした。

覚悟を決めて自分の城を確保

周囲の友人や先輩で結婚する方たちは、ほとんどが県営住宅や2DKアパートなどで新婚生活を始めていました。家賃を年間50万~100万払って5年~10年である程度お金を貯めてマイホーム取得!

ある種これが王道の順当なマイホーム取得パターン。

私の選択は、王道とは逆の結婚前マイホーム取得でした。選んだのは築10年1750万円の3LDKの中古マンションでした。

購入前に見学に訪れて、欲しい!とすぐに思いました。築10年でもさすがRCの分譲マンション。設備や部屋の広さは賃貸住宅より豪華さや快適さを感じました。 友人の不動産屋に購入決断の返事をしたことを今でも覚えています。

購入するにはお金が必要!(人生初の不動産所得)

当時28歳の現場監督。総支給月収24万!手取り19万台、明確に覚えています。年収にして370万、380万円程度。結婚式も控える中、50万円の手付頭金を納め、1700万円のローン申請するも、私の年収では審査通らず!1700万円の借入が出来ないなんて、

と、悔しさを感じました。

それでも、一度決めた決断は何としても実現したい。

取った策は、妻との収入合算ローンです。

とは言え、まだ入籍も結婚式もしていません。婚約証明書を書き、煩雑にはなったものの無事ローン審査合格。無事契約も済みマンションの引渡しがその年の11月。翌年3月に結婚式を迎える。余裕のあるマイホーム購入スケジュールとなりました。

マイホームに住み始めて快適さや心の充実感だけではなく、これまでに無い感覚がありました。

 

〇毎月の返済。返せなければ取り上げられるプレッシャー。

〇毎年1回送られてくる銀行のローン残高明細に、一喜一憂する。

〇自己所有物であり、いつかは売る、とにかく大事に使おう。

〇早く借金返したい。もっと頑張って働いて給与を上げたい。

 

賃貸で所詮、他人のもの。いつか出ていくまでの仮の住まいと思う事とは、大きな心の違いを感じた10年でした。

 

定まってくる将来像と、家族と共に暮らしで変化する住宅

家づくりを考える多くの方のタイミングが、子供が小学校に入る前だったり、家賃や防災、住んでいる家が手狭になってきたなどありますが、

かく言う私も、30歳で長男が生まれ、更に2年後に次男が生まれ、長男が小学校に上がる間際に2回目のマイホーム計画をしました。

10年前に購入したマンションのローンも当然残っていましたが、売却してローンを全返済して、残ったお金を頭金にして、土地、一戸建て注文住宅へ住み替えです。

郊外の安い土地で、土地と建物合わせて3600万円。新たな住宅ローンの開始!

この時思いました。結婚時から土地、一戸建てを購入していれば良かった!

とは言っても25年前の新婚時の収入で3600万も借りれるはずもなく、私の場合、最初から注文戸建て購入は出来なかったのかなとも思います。

今はコロナで挙式や披露宴、ハネムーンなども自粛する傾向がありますが、結婚式より前にマイホームづくりを計画してみる。こんな将来設計もおススメします。