梅雨が明けてから蒸し暑い日々が続きますね。真夏のマスクは暑くて大変ですよね。水分補給をしながら熱中症にも気を付けましょう。

新型コロナ感染予防対策として、室内の換気、窓を開けての換気が上げられますが

換気システムと聞いてピンとくる人はどれくらいいるでしょうか。

この名前を聞くと、巨大なファンを使って空気の入れ替えをするのかな?とか、

ダクトを使って空気の入れ替えをするのかな?とか私は想像してしまいますが、

どの家も基本、必ずついているものなんです!

 

このようなものは見たことある人は多いのではないでしょうか。

これがその換気システムの一種なのです。

 

今回はこの換気システムについて3つのポイントで解説をしていきます。

①設置が義務付けられた背景

②換気システムの種類

③どの換気システムが優れているの?

①設置が義務付けられた背景

換気システムの設置が義務付けられたのは2003年、それ以降に建てられた建物には必ず換気システムが搭載されています。

2003年までこのシステムがないことで問題になっていたのが、『シックハウス症候群』です。

これまでの家は窓を開けないと換気することができなかったことに加えて、気密性の高い家が作られるようになりました。

これによって、室内のハウスダスト、ダニ、有害物質などがたまってしまい、シックハウス症候群が問題になったというわけです。

 

そのため、現在は窓を開けなくても自動で換気をしてくれる、換気システムの設置が義務付けられたという背景があります。

②換気システムの種類

換気システムは大きく3つのタイプに分けることができます。

第1種換気システム

第2種換気システム

第3種換気システム

吸気も排気も機械で行うのが『第1種換気システム』

吸気のみ行うのが『第2種換気システム』

排気のみ行うのが『第3種換気システム』

それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

◇第1種換気システム

換気システムの中では一番しっかりと室内を換気することができます。

吸気も排気も機械で自動的に行うので、常に効率よく喚起を行うことができます。

第1種換気の場合はこのようにダクトを通じて喚起を行うシステムが主流です。

デメリットとしては他の換気システムと比較すると、すべて機械で行う分、

電気代や導入費用が掛かってしまう場合があるという事です。

◇第2種換気システム

この換気方法は吸気のみ機械で行い、排気は自動で行うというものです。

一般的に住宅ではほとんど使われない換気方法です。

上の画像のように空気が強制的に入ってくることで、室内の気圧が上がり、強制的にホコリやチリを外に排出することができます。

そのため、この方法は病院や精密機械のある工場などで採用されることが多いです。

1種換気と比較すると、全体を効率よく喚起することが難しいため、室内結露が起きやすくなります。

ただ、電気代は比較的安くなる傾向にあります。

◇第3種換気システム

この換気方法は排気のみ機械で行い、吸気は自動で行うというものです。

3つの換気方法の中でも一番多く使われている換気方法です。

トイレの排気ファン、キッチンフード、お風呂の排気口などから空気が排出され、その分写真のような吸気口から空気を取り入れます。

こちらの換気方法も1種換気と比べると全体を喚起することが難しくなっていますが、電気代が安くなる傾向にあります。

③どの換気システムが優れているの?

お家の快適さを実現したいなら、間違いなく『第一種換気』が一番優れています。

『第一種換気』が優れている3つの理由

理由① ダクトを使って隅々まで換気

他の換気方法では換気しきることができない部分まで換気することができます。

 

理由② 熱交換システムを導入できる

熱交換システムとは、排気する空気と、吸気する空気の熱だけを交換することができる仕組みです。

この仕組みで外から夏の暑い空気や、冬の冷たい空気をそのまま室内に入れることがなくなるので、少ない光熱費で快適さを実現することができます。

理由③ フィルターを通して花粉をブロック!

第1種換気システムの場合は室内に空気を送る前に、フィルターを通るのが一般的です。

ハウスメーカーにもよりますが、花粉を99.9%カットしてから室内に送ることができるものも多くあります!

花粉症の方は、花粉を忘れて快適に生活することができます!

◆桧家住宅名古屋の換気方法は?

桧家住宅の場合は第1種換気システムを採用しています。

熱交換、花粉カットを実現したシステムで床下まで換気することで、お家の長持ちにも大きく貢献しているオリジナルの換気方法です。

展示場にも実際に搭載されているので、是非実際に体感してみてください!