コロナウイルスも徐々に落ち着きをみせつつありますが、今もなお県をまたぐ移動の自粛や飲食店の時短営業、テレワークなどコロナウイルス終息に向けての動きは続いているように思います。

事実、家で過ごす時間もこれまでとは違い格段に増えました。

間もなく季節は秋を迎えますが、コロナウイルスに加え連日の猛暑により、家の冷房も一日中稼働されているご家庭も多いかと思います。

この夏の光熱費高かったなと思う方

秋、冬を迎えるにあたって光熱費を抑えるために暖房を我慢してしまう方

快適性と省エネ、まるで正反対ですが、

電気代を気にせずに快適に暮らせる省エネな暮らしを、桧家住宅が叶えます❕

今回のブログでは、その秘密を教えちゃいます(^^)

桧家の省エネ住宅

目次

1.省エネポイント1⃣
  1-1.どうやって魔法瓶のような住まいを作るのか?
2.省エネポイント2⃣
  2-1.24時間換気システムココチE
3.省エネポイント3⃣
  3-1.ヒノキヤオリジナル全館空調システムZ空調
4.Z空調体感キャンペーン

省エネポイント①

みなさまは、水筒やポット・ケトルといった「魔法ビン」はお使いでしょうか?

桧家住宅の省エネエコハウスの特徴は、

吹き付け断熱材アクアフォームで基礎・壁・屋根を断熱することにより得られた高気密・高断熱と、アルミで遮熱する「Wバリア工法」により家の中が魔法瓶のような空間になる。といったお話をよくするのですが、

魔法ビンは、中の液体の温度を長時間保温・保冷する機能があります。

「魔法ビン」は、パッキンでキュッと蓋がしまり、中の液体がこぼれることはありません。 また、真空層に囲まれて、熱が外に逃げない状態を作っています。

※サーモHPより抜粋
https://www.thermos.jp/craftmanships/
この魔法瓶の技術を家作りに例えると・・・
パッキンで隙間なく⇒「気密」
真空層を使って、放熱しない。⇒「断熱」と考えると分かりやすいかと思います。

夏場、冷たい飲み物を水筒に入れて持って出かけます。蓋を開けっ放しにしていては、どんどんぬるい飲み物になってしまいますね。断熱と気密の考えがなんとなくでもお分かり頂けましたでしょうか?

どうやって「魔法ビン」のような住まいを作るのか?

ポイントは、断熱材にあります。
「気密」⇒隙間のない
「断熱」⇒熱を伝えにくい

お家の一般的な断熱材と言えば8割がグラスウール・ロックウールといったものを使用しています。どちらの断熱材も形のある物をカットして施工していきます。ですから、隙間ができやすいというデメリットがあります。
隙間が出来やすいポイントとしては、「窓廻り」や「コンセントなどの電気ボックス」などです。室内の空気が外へ出て行ってしまう事で保温性が下がってしまいます。
また、壁内結露などの原因となり、湿気が多いとカビが発生してしまって、断熱性能が下がってしまうという事が起きてしまいます。

そこで、吹付けの断熱材をおすすめ致します。
壁に直接吹き付ける吹付断熱であるため、隙間ができず、高気密・高断熱を実現可能になっています。断熱材選びも「魔法ビン」のような「高気密高断熱」の住まいには、大切なポイントになるんです。

これによりまず、家に中に入ってくる外からの熱を75%カットし、さらに空調をかけたお部屋の空気も外へ逃げにくくなる構造になります。一度涼しく(暖めた)空気はしばらく保ってくれるようなイメージです。

省エネポイント②

さらに高気密高断熱の「Wバリア工法」に加え、桧家住宅では全棟に全熱交換式の第一種換気システムを搭載。
桧家オリジナルの「ココチE」システムにより24時間、熱交換された新鮮な空気が部屋中に巡ります。

排気の際に捨てられてしまうお部屋の熱を、給気される空気に熱を交換させることで省エネ性を発揮しながらも新鮮な空気を取り入れるのです。
これなら温度変化の幅が少なくなる分、空調の運転にも負担がかからず光熱費の節約にも繋がりますね^_^

省エネポイント③

さらにさらにお伝えしたいのが、桧家オリジナルの冷暖システム「Z空調」
熱が逃げにくく熱が侵入しにくい家、省エネ性を兼ね備えた換気システム。
これに組み合わせて搭載していただきたい空調こそが「Z空調」です。

エアコンは使い方として人が居るお部屋だけ、人が居る時間だけ運転させるのが当たり前ですよね。節約しているように思えても毎月の光熱費はどうです?

価値観は人それぞれですがエアコンを使うシーズンの光熱費高いな…

外出から帰宅してエアコンをつけても効くまでに時間がかかってしまったり、しばらく我慢していますよね?
エアコンつけている時間にドアを開けっぱなしにして怒られたり。

桧家住宅の「家」と「Z空調」であれば我慢なんて要らない、全室24時間いつでも快適でさらに、光熱費もエアコン並みに経済的です。エアコン使っていた時より光熱費が下がったなんてお声もあります。

この「Z空調」はダイキンの家庭用のエアコンを改良したものを、2台だけ埋め込みで搭載します。業務用の機械ではないため導入コストも大幅に抑えられました。光熱費に関しても家庭用の機械ということで、エアコン並みです。

どうして全館空調で快適なのに光熱費を抑えられるか?疑問ですよね。

つまり答えは

「Wバリア工法」+「ココチE」+「Z空調」

空調をかけた熱が逃げにくく外からも侵入しにくいうえに、換気システムにより熱交換された空気がお部屋中を巡ります。その空気を24時間一定温度で保ってあげることで空調機械もずっと保温運転をしているだけとなります。

実際エアコンも室温が設定温度に到達するまでに電気代を多く使ってしまうので、その運転を行わない分光熱費を抑えながら快適で我慢なんて必要なくなってしまいます^_^

ですから、桧家住宅の家に住めば暑いのも寒いのも我慢せずにずっと快適、電気代も気になりません。
エコで快適な暮らしを求めている方、ぜひお近くの桧家住宅名古屋の展示場へお越しください(^^)/

 
スタッフも展示場に入った瞬間思わず「涼しい!」と言ってしまうZ空調。ぜひ名駅北展示場でご体感ください。

ご予約はHP来場予約ページ、お電話、LINE、Instagramより可能です。

予約ページから名駅北展示場を内覧予約する

電話で名駅北展示場を内覧予約する(052-571-3771

友だち追加