こんにちは、設計士の久原です。

家の印象は照明計画で決まる!

と言ってもいいほど、照明選びで室内の印象はでガラッ変わります。

今回は、建築のことを勉強していく中で学んだ照明を効果的に使った空間について。色々な観点からお話してみたいと思います。

目次

1.照明のあかりについて
2.器具について
3.照明の位置についてお話ししていきます。
1.照明のあかりについて

照明のあかりには大きく分けて3種類あります。
・電球色
・昼白色
・温白色
3種類の違いとは?
▶電球色
こちらは、温かみのある光です。黄色くあたたかな雰囲気を演出することができます。
住宅の中であると、リビングやダイニング、寝室、浴室、エクステリア、玄関などくつろぎの空間などで使われるのが電球色となります。
▶昼白色
こちらは、自然な光で白くさわらかな光です。色味としては青白い色とされています。日の出後の数時間ごろの太陽の光くらいの明るさが良く例えにあがります。住宅の中だと、キッチンや子供部屋など、作業をするところ(勉強や料理)には一般的に昼白色を使います。
▶温白色
こちらは、ニュートラルで自然なあかりです。暖かさと明るさを両立したいところによく使われる色となっています。万能色なので、迷ったらコレと言えると思います。住宅の中では、すべての部分に対して使う事が可能です。
こちらの3種類を臨機応変に使い分けていくところからスタートといった感じになります。
リビング空間でくつろぎたいけど、リビングで子供の勉強もさせたい、といったこともあるかと思います。
そういった方は調色が可能な物を選んでしまえば全色対応できるので、値段は上がりますが、一つの手として考えてもいいかと思います。
※色の注意点
3種類の色についてお話して行きましたが、一番やらない方がいいこととして、隣り合う部屋で色温度差が大きい場合というのはおすすめできません。色の温度差が大きいと違和感につながりやすいので隣り合う部屋で色を変える場合は必ず温白色にしましょう。
電球色と昼白色の組み合わせは×とだけ覚えておきましょう。(あくまでも隣り合う部屋になります。)

2.器具について

照明とひとえにいっても、器具が変われば表現方法や効果といったものは変わってきます。
「リビング空間はすっきりするのでダウンライトの方がいいですよ」とか、「ダイニングはペンダントライトがいいですよ」なんて、言われたり、思われてる方もいるかもしれませんが、決してこれがいいといったものはなく、効果的に使う事によってそれぞれ色々な表現をすることができます。
とはいう物の、一般的な使い方というのは変わらないですけど、、、

上記画像は、器具の種類や、それぞれの特長、また、おすすめの使い方となっております。こちらの照明と先ほどのあかりを組み合わせて空間を表現していく感じになっていきます。

3.照明の位置について

照明は一般的には空間を照らす物と考えてる方が多いかと思います。
勿論、間違いではありませんが、照明の位置を有効的に使うにあたって効果的に空間を演出することができます。

例えば、壁をダウンライトで照らす。特に視線の行く壁や天井に対してあかりを配置すると、明るい雰囲気を演出することが可能です。

照らす壁が無い場合に関しては、カーテンボックス上などを利用したコーブ照明がおすすめです。
また、テレビの後ろなどを照らすことによってテレビのまぶしさは押さえることができます。

例として

夜見るとまぶしい自動車のヘッドライトも、昼間見るとまぶしくありません。それは、ヘッドライトの周りが明るいからです。つまり、強い光の背景に、適度なあかりがあれば、強い光によるまぶしさを和らげることができるのです。

ちなみに、基本的な部分にはなりますが、照明は直線的に配置してシンメトリーになるようにすると、部屋全体で見たときに明るさとが均一化し空間としてもすっきりになります。

4.キッチンのあかりに関して

キッチンは少し特殊で、まずは通路部分となるベースのあかりを選びましょう。
ダウンライトやベースライト、埋め込み器具や建築化照明、ダウンライトと埋め込み収納はすっきりとした空間にすることができます。ベースライトはしっかり明るく影もできにくいです。
建築化照明は、建築物の一部として影を演出するのが多いので吊戸の上部などに照明器具を仕込んで照らし、光のグラデーションにより上質な空間を演出するような形になります。


手元のあかりは600~800の間隔をあけてダウンライトを配置するのがおすすめです。

作業スペースの真上に配当して感覚を開けるようにしましょう。
また、ダウンライト以外ですと、ペンダントライトやキッチンライトといったものがあります。好みによって使い分けるようにしましょう。ちなみに、手元灯のおすすめの光としては昼白色をおすすめいたします。

最後に

色々と長く話しましたが、照明や明るさ、器具や部屋によっても配置の仕方は変わってきます。困った場合は、設計士の方に相談されるのが一番かと思います。
もし、おかしいと思った際は突っ込んでしまってもいいと思います。

以上、設計の久原でした。
 問合せはLINEから
友だち追加

◆名駅北展示場(CBCハウジング名駅北内)

愛知県名古屋市西区菊井1丁目23-18

052-571-3771

展示場についての詳細とご予約はこちら