家とは別にガレージやカーポートを備えるより、土地を有効活用しやすいビルトインガレージ。皆さんは、ビルトインガレージをご存じですか?
名前の通り、建物の中に作られたガレージのことです。

写真のように、建物の中に車を収納することができるようになっています。

カーポートを設置される方や、検討されている方も多くいらっしゃると思います。
今回はビルトインガレージとカーポートのそれぞれのメリットデメリットについて解説していきます。

目次

1.カーポートのメリット
  1-1.車の乗り降りの際に濡れない
  1-2.大切な愛車を雨などから守ることができる
  1-3.冬場の霜からも守ることができる
  1-4.夏場はくるまが熱くなるのを防ぐことができる
2.カーポートのデメリット
  2-1.柱が邪魔になる
  2-2.カーポート屋根が風で飛んでしまう!?
3.ビルトインガレージのメリット
  3-1.風雨だけではなく、いたずらなどからも愛車を守ることができる。
  3-2.敷地を有効活用できる
  3-3.カーポートよりもさらに快適に乗下車できる
  3-4.家族みんなのホビースペースに
4.ビルトインガレージのデメリット
  4-1.コストがかかる
  4-2.開口部が大きくなり、耐震性能に問題が出る可能性

◆カーポート

多くの家で使われているカーポート。
こちらは、どのような目的、メリットがあって設置されるのでしょうか。

①車の乗り降りの際に雨にぬれない
こんな経験ないですか?
・玄関を出てから車になるまでの間でびちゃびちゃにぬれてしまう
・傘で車の中が濡れて最悪な気分に…。
・傘をさしていても車に乗る瞬間はどうしても、雨に濡れてしまうなどなど、雨の日って車に乗るだけでも結構気分が沈んでしまいますよね、、、
しかし、カーポートをつけることによって、これらの事を防ぐことができるようになります。

玄関とカーポートがつながっている場合、傘をささなくても車までぬれずに移動ができますし、荷物も濡らさずに安心して運ぶことができます。
カーポートが玄関とつながっていない場合でも、玄関で傘をさし、カーポートで傘をたたみ水を切る、そのままぬれずに車の中へという事ができるので、雨にほとんどぬれずに車に乗ることができます。

②大切な愛車を雨などから守ることができる
大切な愛車が汚れてしまうのを防ぎたいという人にカーポートはもってこいです。雨に濡れるのはもちろん、鳥の糞などからも車を守ってくれます。
雨や鳥の糞は金属を錆びさせてしまうという特徴もありますが、カーポートがあれば安心安全ですね。

③冬場の霜からも守ることができる
カーポートのメリットはこれだけではありません。
冬場のフロントガラスの霜も防ぐことができるのです。

◇そもそも霜とは
冬は夜になると一気に冷え込むため、空気中の水分が氷の状態になり、それが降り落ちてくることで氷に包まれたような状態になる現象のことを言います。


つまり、雪と同じで空中から氷が降ってくる現象なので、カーポートを設置することでフロントガラスの霜を防ぐことができます。
毎朝、車までお湯を持っていき車にかける必要がなくなるので、手間も少なく、家計にも優しいのがカーポートなんです。

④夏場はくるまが熱くなるのを防ぐことができる
夏場は、お昼に車に乗ると何とも言えない『むわっと』した嫌な熱さに襲われますよね。カーポートがあれば、もちろん屋根がついているので、屋根の性能によっては雨や雪のようなものだけではなく、太陽光の影響も大きく軽減することができます。
以上が主な、カーポートを設置するメリットになります。

カーポートがあるだけで、車に関する様々な問題を解決することができますね。
それでは、カーポートのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

1⃣柱が邪魔になる
カーポートを設置するためには、基本的に柱が必要になります。柱は駐車場に設置されるわけなので、駐車範囲が狭くなってしまいます。バックで駐車する際に車を柱にぶつけてしまい、傷つけてしまうという事とても多く凝っているみたいです。

2⃣カーポート屋根が風で飛んでしまう!?
もちろんカーポートの屋根が風で飛んでしまうという事は、災害級の強風が吹かない限りは飛んでいくことはないでしょう。しかし、もしものことを考えると不安になってしまいますよね。絶対に屋根が飛ぶことがないという安心を得るのは、カーポートだと難しいかもしれません。
以上が主なカーポートのデメリットです。

何かものすごく悪い面があるという事もなく、優れた性能もたくさんあるのがこのカーポートですが、完全な安心感が得られないことや、柱が邪魔になる可能性があるというのがこのカーポートの少しだけ残念な部分です。

◆ビルトインガレージ

夢のマーホームを検討した時にガレージを検討される方は多いのではないでしょうか。特にその中でも、車が好きな男性だとビルトインガレージを夢見る方も多いみたいです。

それでは、カーポートではなくビルトインガレージにすることによってどのようなメリットがあるのでしょうか。

①風雨だけではなく、いたずらなどからも愛車を守ることができる。
上でも少しふれたように、車が好きで車をとても大切にしたい人にとって、カーポートは憧れという人がやっぱり多いみたいです。

カーポートだけでも雨や鳥の糞など、ほとんど防ぐことができますが、風が強い日の雨や、砂ほこりによる傷、子供たちのボール遊びで車を傷つけてしまうなど、どうしても防ぐことができないこともいくつかあります。

カーポートでは防げないこのようなことも、ビルトインガレージであれば完璧に防ぐことができるようになります!
なので、本当に車をきれいに保ちたいという方にはもってこいのスペースになります。

②敷地を有効活用できる
狭い敷地で家を建てる場合に、駐車場を設けてしまうとその部分に家を建てることができなくなってしまいます。

しかし、ビルトインガレージであれば駐車場の上も居室空間を作ることができますので、狭い敷地を有効活用してお家を建てることができます。

③カーポートよりもさらに快適に乗下車できる
快適さという部分でもビルトインガレージはカーポートを上回ります。カーポートでも十分に雨や雪などに当たらないように乗下車ができますが、風が強かったり、狭いカーポートだとどうしても完全に防ぎきることが難しくなっています。
その点、ビルトインガレージであれば建物の中にいるようなものなので雨風を完全にシャットアウトしてより快適に乗下車、車からの荷物運びなどが行えるようになります。

④家族みんなのホビースペースに
ビルトインガレージが車を雨などから守るのは当然ですが、ビルトインガレージには趣味やガーデニングを楽しむ場所として有効活用するという事もできます。

ロードバイクやサーフボードを壁にかけて楽しむ、パターゴルフの練習やスウィングの練習、卓球台やトランポリンを置いてお子様と遊ぶ、などなどガレージだからこそできるスペースの使い方がたくさんあります!

他にも良いところがたくさんありますが、以上の内容がビルトインガレージの主なメリットです。

それでは、ビルトインガレージデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

1⃣コストがかかる
一般的にカーポートと比較すると、総費用が高くなる可能性が高いです。
また、床の補強、照明、その他設備をビルトインガレージの中に設置する費用でさらにコストがかさんでしまいます。

2⃣開口部が大きくなり、耐震性能に問題が出る可能性

ビルトインガレージを設けるという事は、家に大きな穴をあけるという事になりますからどうしてもお家の強度が弱くなってしまいます。

また、2階建て以上の建物の場合、耐震性能というのは各階のバランスが非常に重要になります。


そのため、どれだけ家そのものの強度が高くても、一階と二階のバランスが悪いと地震で崩れやすいという性質があります。
ビルトインガレージの場合は1階にぽっかりと穴ができてしまう分バランスが悪く、地震によって崩れてしまう可能性が少し上がるという事です。

以上が主なビルトインガレージのデメリットです。

◆一番大切なのは何を重要視するか

カーポート、ビルトインガレージ どちらとも、一長一短ありどちらの方がいいと断言することはできません。コスト、快適性、安全性、活用性、などなど様々な部分で比較をして、何を重要視するかによっておのずとどちらを選ぶべきかが決まってくると思います。これを機に家づくりを考えている人は、何を大切にしてお家づくりを進めていきたいかを考えてみるといいかもしれません。

◆桧家住宅名古屋のビルトインガレージハウス

桧家住宅名古屋の規格型注文住宅では、ビルトインガレージのあるプランをたくさんご準備しています。桧家住宅の場合、ビルトインガレージは車を停めるだけではなく趣味を愉しんだり、お子様と遊んだり、道具の手入れをしたりするなど、アクティブな活動ができるガレージという事で、『アクティブガレージ』と商品名をつけています。

今回はそんなアクティブガレージの中から、1つだけプランをご紹介します。

他のプランも是非見てみたいという方は、コチラから資料請求してみてください!

 お問合せはLINEが便利です。
友だち追加

◆名駅北展示場(CBCハウジング名駅北内)

愛知県名古屋市西区菊井1丁目23-18

052-571-3771

展示場についての詳細とご予約はこちら