はじめに

一戸建てをご検討されている際、2階建でご計画される方が多いのではないでしょうか。
そんな中、最近では平屋住宅の需要が高いことをご存知でしょうか。
今回は、平屋住宅の人気の理由を考えていきたいと思います。

<目次>

  1. 平屋住宅とは?
  2. 平屋住宅のメリット
  3. 平屋住宅のデメリット
  4. 愛知県で平屋の企画型がある住宅会社は?

1.平屋住宅とは?

平屋住宅とは、2階以上の階層がない建物のことを指します。通常2階建の場合、1階LDK+2階寝室・個室でご計画されることが多いかと思いますが、全ての空間が1階にある家になります。

そのため、「どの世代でも安心した住まいを実現できること」が挙げられます。お子さん~ご年配の方どの世代も生活がしやすく触れ合うことができる、、、そんな魅力が平屋住宅にはございます。

2.平屋住宅のメリット

平屋のご計画で様々なメリットがございます。今回は5つのポイントに絞ってご紹介します。

1⃣バリアフリー

階段がなく移動がスムーズ、また家事のしやすさや暮らしやすい短い動線を確保することができます。段差のないことで怪我や事故の防止になり、子育て中はもちろん、高齢になり健康に不安を感じるようになっても安心した住まいを実現することができます。

2⃣自然とのつながり

生活動線と同じ高さに広がる庭は、2階建てに比べ花や緑を一体に感じやすいです。
生活空間から戸外が近い平屋は、庭のエリアも含めてオープンで開放的な印象を与えます。

3⃣災害に強い

地震の揺れや台風などの影響は高層ほど大きくなります。平屋は高層階の重みが加わらず揺れに強い構造になり、万が一の災害時にも生活空間が1階にあり、玄関や窓などどこからでも避難しやすく安心です。もしもの時も安心した暮らしが実現できます。

4⃣メンテナンスのしやすさ

構造がシンプルな平屋は、修繕する範囲が小さくメンテナンスが容易です。また、作業用の高い足場を組む必要がなく高さのある2.3階の住宅よりもコストを抑えられます。

5⃣家事動線

ワンフロアで全居室が繋がっているため、家事動作もしやすくスムーズです。2階に掃除道具も持っていく必要がないため、家事の煩わしさからも解放され奥様にはとても助かるメリットになります。

以上が平屋住宅のメリットになります。

その他にも、階段スペースが必要ないため趣味スペースとして有効活用したり、屋根を大きくご計画ができるため大容量のソーラーパネルを設置し、光熱費削減期待することもできます。

3.平屋住宅のデメリット

次に平屋住宅のデメリットについてお話ししていきたいと思います。

また解決法も一緒にご紹介していきます。

  • 日当たり

1階建ての平屋ではどうしても日当たりが気になるポイントで挙げられることが多いです、

理由として、建物面積が広いので中心部が窓から遠くなることが挙げられます。

→解決策として、勾配天井を活かした高い天井と明かり窓や天窓をつくり、開放的で明るい空間を作るのはいかがでしょうか。また間取りでは中庭を作ったりコノ字型・L字型の建物にすることによりデメリットだった日当たりが解決します。

  • 防犯面

居住空間が全て1階にある平屋住宅は、空き巣にとても狙われやすいです。また1階に大きな窓を構える作りになるため、平屋住宅は防犯面でも気を付けなければなりません。

→解決策として、建物の周りに砂利を敷き詰め、足音が聞こえるように。窓も割れにくい防犯ガラスに変更するすることで対策できます。また人が通った時に光るセンサーライトの設置も有効的です。

  • コスト

平屋は通常2階建てと同じ床面積の家を建てようとするとどうしても割高になります。理由として、工事費が高い屋根・基礎の面積が2階建てより大きくなるからです。

→解決策として、延床面積の検討やシンプルなデザインを検討してみてはいかがでしょう。またハウスメーカーによって企画型プランがあり、その中から選択してご計画を進められるとコストダウンにつながる可能性がございます。

  • 収納スペースの確保

2階建てとは違い1階で全ての居住空間を設ける為、収納スペースがあまり作れなかったというお声は平屋住宅にお住いの方の悩みでも取り上げられております。

→解決策として、居住空間には極力収納ではなくその他の要望をいれ、屋根の中の空間を利用した小屋裏収納を作ってみるのはいかがでしょう。そうすると生活スペースはそのままに収納力がアップします。また、固定階段を付けて頂くと重たいものもスムーズに運び出すことが出来ます。

  • プライバシー配慮

高さのある周りの建物から見えやすい平屋住宅。

→解決策としては、スクリーン格子を設けてあげることで周りから家の中が見えにくくなりプライバシーが確保されます。外観のイメージとしてもアクセントになりオシャレにまります。その他にも目隠しとして、フェンス・塀・植物なんて入れてみるものいいですね。

以上が平屋住宅のデメリットをご紹介させて頂きました。

このようにデメリットはありますが、対策をすることで平屋住宅の魅力が高まってきます。

その他にも、敷地の広さがとても重要になります。もちろん狭小地でもご要望次第で平屋住宅のご計画は十分可能ですが、限りある敷地の中で何を優先するべきが、、、考えてみてください。屋上を作り、お庭を上に持っていく、、、なんで計画も素敵ですね。

(敷地の資料を持ちハウスメーカにご相談に行ってみるのも、おすすめです。)

4.愛知県で平屋の企画型がある住宅会社は?

ここまで平屋住宅についてご説明しましたが、実際にご計画を進めようとした際、2階建てよりも間取りや予算がいまいちイメージしにくいですよね。

桧家住宅ではそんなイメージしにくい平屋住宅の企画型プランがございます。

延べ床面積が23坪~32坪までたくさんのプランをご覧いただけます。また、先程デメリットで挙げた内容につきましても、勾配天井・スクリーン格子・小屋裏収納等が最初から標準で入っているプランもございます。金額も明記されており、とても分かりやすい企画型プランになりますので一度ご相談にお越しください。

愛知県ではCBCハウジング名駅北内と、CBCハウジング長久手住まいの公園内に展示場を出展しております。お近くの展示場までお立ち寄りください。

その他、ご質問や問合せはLINEが便利です♪
友だち追加

最後までご覧いただき、ありがとうございました。