お家づくりはもちろんの事、土地購入に関しても、初めてという方がほとんどですよね。
何から始めたら良いのか・・・そもそも、何が分からないのかも分からない・・・。
そんな中スタートする高額なお買い物。だからこそご不安もいっぱいかと思います。

今回は、土地探しから住まいづくりを検討されている方に、少しでもご参考になればと思い、土地購入・選び方のポイントをお伝えさせて頂きます。

何事もそうですが、土地探しにおいても、大切なのは『事前準備』 !!
闇雲に探し出すのではなく、まずは準備をしっかり出来ている事が命運の全てを決めると言っても過言ではありません。
それでは、土地探しにおける「事前準備」とは、一体何でしょうか!?

順を追ってまとめてみました。

土地を探す前に準備するべき事とは

高額であるからこそ、感覚も麻痺しがちなのですが、これが最初の落とし穴。
土地購入とはいえ、その内実は、これまで幾度となく行ってきた「お買い物」です。
買い物に出かける時、お財布の中身を確認してから出かけるように土地の買い物も、「自分がいくらまでの土地が買えるか」を明確に知った状態で始める事が大切です。

①総予算を知る

まずは、住まいづくりの総予算を知ります。

A)自己資金はいくらまで出せるのか。
B)ローンは、月々いくらまでなら返済可能か。
C)自己資金+借入額(ローン)=総予算金額

②総予算から建物の予算を差し引く

次に、①から建てたい建物の予算を差し引きましょう。
建物の予算は、住宅営業マンに依頼して、資金計画書(概要書)を作成してもらいましょう。実際にその予算で建てられた建物を住宅営業マンに案内してもらうと、よりイメージが湧きやすくなります。

差し引いた金額が、あなたの土地購入予算となります。基本的にはこの金額を上限に、最も自分たちの希望を満たす土地を探し始めます。

③土地探しの条件を整理する

予算と希望のバランスを知るためにも、土地探しの条件を整理しましょう。
この時、ご家族・ご夫婦で、希望が異なり、整理できない、という場合もあると思います。そんな時は、次の方法を試してみてください。

(例)

ご主人の希望順位
1. 価格  〇〇万円まで
2. 交通  駅まで徒歩10分圏内
3. エリア △△市内
4. 面積  50坪以上
5. 環境  南道路の土地

奥様の希望順位
1. 価格  〇〇万円まで
2. 学区  ××小学校区
3. 環境  南道路の土地
4. 環境  スーパーまで自転車10分圏内
5. エリア △△市内

双方の希望を出し合ったら、どちらも希望した順位の数字をプラスして、小さい順に並べてみましょう。こちらのご夫婦の場合、以下の3つが共通の希望(ニーズ)という事になります。

ご夫婦の共通希望順位
1. 価格  〇〇万円まで (1+1=2)
2. 環境  南道路の土地 (5+3=8)
3. エリア △△市内   (3+5=8)

④希望のエリアでの、土地価格の相場を調べる

次に、希望エリアでの土地がどのくらいの相場価格なのか調べます。
案外簡単に調べられるので、幾つかご紹介します。

まずは以下のようなサイトの土地情報をチェックするのが最も身近な方法かと思います。

◆Yahoo!不動産
◆SUUMO
◆アットホーム(at home) 他

エリアを絞って検索すると、概略の売り出し価格(単価)を一覧することが出来ます。

また、国土交通省のサイトで、毎年1月1日に発表される「公示価格」も見てみましょう。
こちらをコピペして検索→「地価情報 都道府県選択」
サイト内でエリアを選択して住宅地を検索すると、土地情報の一覧を見る事が出来ます。

⑤売り土地情報を集める

ここで初めて、候補となる土地の情報収集をスタートします。
④にも上げました、土地探しサイトで情報を集めましょう。

◆Yahoo!不動産
◆SUUMO
◆アットホーム(at home) 他

ほとんどの土地情報が、詳しい住所も記載されていなければ、地図も付いていないケースが多く、見に行くことが困難な場合もあります。
現地へ行っても、土地看板も設置されていないという事もあります。
そこで、 誰に土地探しの相談をするべきか?という所なのですが、 ここは是非、住宅会社の担当営業マンを頼って欲しいと思うのです。
土地探しを依頼する先としては、以下のような選択肢が考えられると思います。

  1. A) 住宅会社の営業マン
  2. B) 不動産会社
  3. C) 友人・知人

それぞれ一長一短ありますが、不動産会社の営業マンと住宅会社の営業マンとはアドバイスの仕方が異なります。

住宅会社の営業マンは、その後の家づくりを見据えてアドバイスをします。
土地が高値で売れれば、その後はバトンタッチ、という事もなく、あくまでも、住まいづくりの完成までを見届ける責任があります。
先行して土地を購入されると、当然ながら、残った資金が建物に回ります。
希望の建物(大きさやディティールの要望)が、希望の予算で叶わないケースも出てくるのですが、結果として、せっかくの注文住宅が、満足度の低い住まいづくりになってしまいます。
そんな事態を避けるためにも、 『土地+建物』のバランスをトータルに考えた『総予算』を意識して土地探しを始めましょう。

⑥現地を見学する

気になる土地情報が手に入ったら、現地を見学しましょう。
ここで、現地見学のポイントを2点お伝えします。

☆近隣の建物の窓の位置を見る
建物計画をしていった場合に、気にしなくてはいけないであろう、隣家の視線を想像する事が出来ます。

 

☆自然にイメージできるかを確認する
見学する土地を眺めて、出来上がる建物の外観や大きさ、大まかな間取り、駐車場の配置などを・・・イメージしてみてください。

よく「ピン!」ときたから・・・。「ピン」とこない・・・。
というお言葉をお客様からお聞きしますが、これは、大切な事だなと感じます。
イメージさえできなければ、検討するべき土地ではないと思いますので、そこは潔く、 自分の感性や感情を大切に。そして信じてください。

⑦具体的に検討し、決定する

もしも現地で「ピン!」ときたなら、早急に住宅営業マンに連絡してください。
自分が「いいな」と思った土地は、高確率で他の方も同様に感じられています。
ご提案を受け、購入の判断をしていきましょう。

最後に、、、

ご家族の要望に対して、100%全てを満たす土地は、ほぼないかと思います。
しかしながら、土地探しからの住まいづくりは、土地と建物のトータルで、ご家族皆様が満足できる計画が重要です。
まずは、お伝えさせていただいた①~⑦のステップを実践していただき、土地購入を失敗しないための「事前の準備」を抑えて欲しいなと思います。
私共、桧家住宅名古屋のスタッフは、このような土地探しから、住まいづくりのトータルアドバイザーとして、お客様のサポートをして参ります。
どの様な事でも大丈夫ですので、お気軽にご相談ください。