こんにちは。桧家住宅名古屋で顧客サロン「Home Sweet Home」のお手伝いをしております、五艘(ごそう)と申します。

先日、サロンメンバー様にお集まりいただき、桧家名古屋の名駅展示場で、整理収納講座を行いました!

元々ご要望も高かった、おうちの「お片付け」の講座。

率直に「義務教育で教えて欲しい!」と思うほど、快適に暮らすために必要な、目からウロコのノウハウのシャワーでした。

先生がザブザブと伝授して下さり、次回も参加!のお声を多くいただいたこちらの講座。

誰だって、キレイで快適な空間で過ごしたいですよね!私は、やり方を知らないだけだったんだ!!と、逆の自信を頂けた、素敵な時間でした。

お片付け好きになれる素敵な内容でしたので、桧家住宅名古屋のブログを読んで下さる皆様にもお届けさせて頂きます。

教えてくれた先生

知念亜希先生

日本清掃収納認定講師。片づけ収納マイスター、生前整理診断士 、ドリームマップファシリテーター 。 整理収納、家事代行の現場経験豊富。

清掃業界のマナー向上、顧客満足度アップのため、マナー講師としても活動する。お客様 の心に寄り添う住環境整備のサポートも行い、CBC「ゴゴスマ」 ・メ~テレ「ドデスカ!」・テレビ朝日「羽鳥慎一 モーニングショー」 など  メディア出演も豊富。

お片付けを学ぶゴール

講座の冒頭で先生が話して下さった、学びのゴールは、こちらの2つ。

  • 整理収納の基本のステップを知る。
  • 「私にも出来そう♪」という気持ちになる。

例えば最初から「二度とリバウンドしない、超絶キレイな部屋にする。全室」という壮大なゴールであったとしたら、ワクワクしつつも、即日で折れ、自己嫌悪でまた少しお片付けが億劫になったかもしれません。

先生が設定して下さったゴール、達成感を味あわせてくれます!

あなたは、お片付け上手ですか?

 胸に手を当てて、以下の10個のご質問にお答え下さい。

  1. 出かける時、鍵や携帯が見つからず慌てる事がある
  2. 片付けてもすぐにリバウンドしてしまう
  3. 2シーズン着ていない服が5着以上ある
  4. お財布の中に、使わないポイントカードやレシートが入っている
  5. 買ったまま袋に入ったままのものがある
  6. 家族で共有して使うものが、すぐ行方不明になる
  7. 季節家電や飾り物が出しっぱなし
  8. 家族に「片付けなさい!!」と言ってしまう
  9. 約束の時間に遅れ気味
  10. 片付けなきゃ・・をストレスに感じる

先生が優しい声で読み上げて下さる間、何故バレているんだろうか・・?と目が泳ぎ、呼吸が少し荒くなります。

  • 0~1個だった方・・お片付けスキル100%   収納のスキルを青天井に伸ばすだけ
  • 2~4個だった方・・お片付けスキル70%  整頓(仲間を作る事)についての知識を身につけよう
  • 5~7個だった方・・お片付けスキル40%   整理(いるものだけにする)についての知識を身に着けよう
  • 8~10個だった方・・お片付けスキル20% 1つから不必要なものを取り除きましょう

何度見返しても、スキル20%か・・

あなたのお片付けスキルは、いかがでしたでしょうか?

一人自らの胸を擦り、呼吸を整えました。「諦めるには、まだ早い。」的確に解決策を教えて下さる先生の声が、遠い神の声にも聞こえるようです。

今、身につけているものを、気に入っていますか?

お題:「今身につけている、お気に入りを、パートナーに自慢して下さい」

金額と機能性を確認してネットで即買い。ほとんどの買い物をそのように済ませている自分にとり、苦行とも言える約5分間が、突如として始まりました。

ご一緒になった美しいパートナー様の、洗練された小物、「青を見るとキュンとするから、青いパンツを履いてきました」という鈴のようなお声。

そして「お気に入りって実は、大人になればなるほど薄れていく感覚なんです」という先生の言葉に、景色を仰ぐような遠い目になりました。

便宜性・TPO・体型カバー。今朝、クローゼットから服をむしり取り、鞄の中身を確認していた私を支配していたのは、そんな事ばかりでした。

だけど身に付けるものって自由なんだから、自分が嬉しくなるものを身に付けていいんだ・・

ふと、もう10年も20年も前に大好きだった、タイパンツやターバンが頭を過ります。コーンロウにくるくるのエクステ。思い出すと泣けてくる程、好きな髪型だったな・・

「飽きた」「卒業した」と思っていたもの。

大人になるために必要だった選択の繰り返しは、いつしか「見てるだけで嬉しくなる」という、ご褒美のような感覚まで、根こそぎ削ぎ落としてしまったのでしょうか。

遠い目はどんどん細くなります。

だからといって、明日からインド人のような格好でお取引先を訪れるわけにはいきませんし必ずしも、昔と同じ物が今も好きとは限らないと思います。

しかしながら、「お気に入りだから」。

目の前の人に語れるほど「好きだから」。

そんな感覚まで、忘れていなかっただろうか?自分の「キュン」や「嬉しい」「ここが好き!!」に耳を澄ませば

例えば「思い出と紐付いている」「コレ高かった」という理由が、時として「お気に入り」とは違うかもしれないと気が付ける。

そんな事を先生は教えてくれます。

モノを減らすという事は、好きなものだけに囲まれるという事。

大きな発見でした。好きなものを分かっていると厳選できるから、結果としてモノは減る。

「私は〇〇を大切にしている。」「〇〇が好き」の、〇〇。あなたは自分で、知っていますか?

お片付けの目的とは・・?

・・・それは、キレイにする事でしょう。謎の自信に満ちて心の中で呟いた私は、5秒後に、口に出さなかった自分を褒める事となりました。

お片付け、キレイになる事。それはあくまで手段。

その先に「叶えたい、理想の暮らし」があるはずだと、先生は断言します。

  1. 汚い (現状)

  1. 片付け(目的)

このダイレクト思考だと、片付けはもはやストレスだと。

  1. 汚い(現状)

  1. スッキリ片付いたリビングでゆっくりお茶を飲みたい(目的)

  1. 片付け(手段)

「片付けなきゃ!!」のその先にある、理想の暮らし。

頭の中で、迎えたい未来をまず経由できれば、お片付けは目的ではなく、ポジティブな手段、行動へと変わっていく。

・・・なるほど!!

「お片付けしなきゃ!!」汚い部屋を見れば反射的にそう思い、いそがしさや疲れに負ける自分を責めたりもしていました。

何故、私ばかりがこのストレスを追うのか・・・こんな気持ちにもなって「片付けなさい~~~~~!!!!!!」と、鬼のような形相で家族にシャウトする事も、日常茶飯事です。

しかし「私の理想の暮らし」を一度頭で描く事で「やらなきゃ」が「やるでしょ」に変わっていく。

義務感が、少しずつ、自発的な欲求に育っていくための、始めの一歩。

「私の理想の暮らし」

是非一緒に描いてみましょう!!!

受講生様のお声

整理・整頓・収納の違いが分かってよかった。

使えるかも・・いるかも・・

そんな「かも」ばかりに支配されていたけど、それは、理想の暮らしとは違うなと気が付けました。

整理・収納は出来ているけど、整頓が後回しになっている事で、また整理からのスタートになっていました!

モノをフワッと置いていた私・・・おバカなのか??と思っていましたが、ルールを知らないだけでした!

義務教育でやって下さい。

分かりすぎます!!他にも、前向きなお声をたくさん頂きました!有難うございます!!

整理・整頓・収納の、順番と方法

 改めて聞くけど、整理・整頓・収納って何ですか?(真顔)という方のために、先生からのレクチャーをお届けいたします。

  1. 整理・・いるものだけにする事(いらないものは取り除く)
  2. 整頓・・仲間をつくる事(ルールに基づいて分類する)
  3. 収納・・おうちをつくる事(取り出しやすく、使いやすい位置にものの場所を決める)

この3ステップ。大切なのは「順番通りに行う事」だそうです。

 

例えば、いきなり収納からスタートすると、不要なものまで詰め込んでしまって、時間がかかるばかりか思考まで窮屈に。

まずは不要なものを手放してから、カテゴリー分けして仕舞っていく事が、リバウンドしないお片付けの極意だそうです。

自らのお片付けパターン。誰しもあると思うのです。

一度この3ステップに照らし合わせて振り返ってみると、何を改善すれば良いのかが浮かんできます。

例えば私は、目の前のモノと向き合う時間をスキップして、目についた古いもの、多分使わないものを片っ端から捨てていました。

なんとなく部屋はキレイですが、そもそもモノと向き合っていないので、整理も整頓も収納も、全てが中途半端。

特に、整頓(カテゴリー分け)の考え方が曖昧で、ほとんど出来ていなかった事を自覚できました。

単に「片付けが出来ない」「とにかく面倒くさい」「そもそも時間がない」よりも

「捨てる事が苦手」「カテゴリー分けが出来ない」「ものの位置を定められない」など、自分の課題を具体的に知っている方が、ずっと取り組みやすくなります。

そして、もし捨てる時は、感謝の気持ちを持って。

自分のモノを大切に扱う事は、自分を大切に扱う事でもあるのだと気付かされました。

魔法のお片付けシート

青は、頭をクリアにして、判断を促す色彩効果があるそうです。

いる・いらない・移動・迷い。

視覚的に判断が出来るようになる、マイお片付けシートを、みんなで作成しました。

受講生様のお一人が、講座の後に先生に送って下さったお写真です♪

講座の最後に、受講下さった方から、家族にお片付けを促したい時にはどうすれば良いかというあまりにも身に染みるご質問がありました。

先生のご回答は「まずは自分から。」

ブラジルではばたく蝶が、テキサスに竜巻さえ起こしうるかを論じた、バタフライ・エフェクトという言葉の通り、どんなに小さな影響さえ、必ず変化をもたらしてゆく。

そして変化は、自分からしか起こせない。

先生、素敵な講座をありがとうございました。

桧家住宅名古屋 顧客サロン Home Sweet home

は、元々は毎年恒例で行っていたホームオーナー様との謝恩会を、コロナ禍で出来なくなってしまった事がきっかけでスタートしました。

ホームオーナー様、ホームオーナー様のご紹介者様、他にも、顧客サロンの趣旨にご賛同下さるパートナー様のご紹介者様だけで成る、小さなコミュニティです。

あくまでもクローズドで、安心できる場所を目指しています。今後もメンバー様に喜んで頂ける企画をして参ります。

もちろん、ブログYouTubeでも講座やイベントの様子をお届けして参りますので、素敵な先生達の発信が、たくさんの方に届き、さらなる豊かさが生まれる事、そして先生方のご活躍を願っております。

今回特別に、知念先生から受講生様へ特典を頂きました。

「お片付けカウンセリング」のプレゼント。

ここを片付けたい!けど、どうしたら…のお悩みを、個人的に相談できます。素敵なおうちが、ますます整われますように。

知念先生が所属する、日本清掃収納協会のホームページはこちら

https://seisou-s.org/teachers/index.html

仲間をつくっても、つくらなくてもいい、桧家名古屋の注文住宅。

展示場は、いつでも寛ぎにお越し下さい。

ご来場予約はこちらより、お気軽に。