こんにちは。桧家名古屋で顧客様サロンのお手伝いをしております、五艘と申します。

人気のDIY。おうち時間を充実させる一つに、色々と楽しまれている方、何か始めてみようかなと思いを巡らせている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

桧家住宅名古屋では、顧客サロン メンバー様限定のイベント・ワークショップを開催しています。

先日は、菱川代表とつくる!ミニチュアチェア。本日は、DIYに興味がある方も、「買う派」な方も、こちらの木材が椅子に変わっていく過程を、是非ご一緒にお楽しみ下さい!

代表のお父さんは大工さん。DIYの基礎を伝授します!

材料はこちら

木材(SPF1×2)25mm×51mm (SPF1×4)25mm×102mm

木工ボンド ビス(ネジ)45mm×20本 紙ペーパー のこぎり ドライバー  指金(L字の定規) 鉛筆

木材のカットはこちらの目安で行います。

背もたれ・後ろ足となる 部分 45cm 2本
 前足 20cm 2本
前足と後ろ足を繋げる部分 30cm 4本
座面・背もたれとなる部分 幅10cmで35cm 4枚

まずは出来上がりまでの段取りを参加者様と共有。木材を載せて、固定していく順番をしっかり確認します。

使うのはもちろんヒノキです。ヒトトキ、日本の桧の良さを代表が語ります。笑顔で聞いて下さる参加者の皆様。

使用した木材、ホームセンターで買うと5000円ほど。もちろん、大切なサロンメンバー様に楽しんで頂く場ですのでワークショップは、1家族500円です!!

笑顔がプライスレス。代表の熱い気持ち・・届きますように。まずは指金と鉛筆で、木材に線を引いていきます。

3辺に線を引き、うまくいった線を採用してカットしていきます。みんなで手作業がしたい!!あえてのノコギリ・・(汗)!!

楽しんで下さる参加者様達が素敵すぎます!

後ろ足は背もたれ部分なので、多少左右差があっても大丈夫。前足2本は、お互いの長さがピッタリ合うのが理想。長さはやすりで調整していきます!

前足と後ろ足を繋げる部分は、120cmの長さの木材を3回カットして4本に。なんといっても「手動のこぎり」を使っていますので、完全に体育会系です。

・・こちらは、座面と背もたれ部分をカット中のご様子。素晴らしい集中力です!!!

ビスで固定する部分は、印をつけてドリルで穴を開けていきます。上から下へ、真っ直ぐを意識します。

そして、各パーツをビスで繋ぎ合わせていきます。ここも垂直を意識。

皆様真剣そのものでした!!座面・背面を合わせると、椅子の形が見えてきます。

座面は裏側からビスを打ちます。背面を下げても垂直に打てるように、台や段差を使って真上から打つのがオススメです。

※前足と後ろ足を繋げる部分は一番最後が良いと代表より。今回は斜めからグッと打ち込みました。

背もたれは、お好みの高さに。一番上とぴったり高さを合わせても、少し下げても。座り心地を検証中。本当に仲良しで、見ているだけで幸せです♡

最後の仕上げは、やすりでゴシゴシ。完全にプロの仕事になっていく参加者様。椅子の角を削ります。

割れ目は木工用ボンドで補強!その手つきはもはや、繊細な職人さんです。

世界でたった1つの椅子の完成です!!達成感の中、思わず拍手が起こります。かなり頑丈なつくり。愛着が湧きますね。

楽しい時間をご一緒させて頂き、ありがとうございました!

桧家住宅名古屋 顧客サロン Home Sweet home

は、元々は毎年恒例で行っていたホームオーナー様との謝恩会を、コロナ禍で出来なくなってしまった事がきっかけでスタートしました。

ホームオーナー様、ホームオーナー様のご紹介者様、他にも、顧客サロンの趣旨にご賛同下さるパートナー様のご紹介者様だけで成る、小さなコミュニティです。

あくまでもクローズドで、安心できる場所を目指しています。今後もメンバー様に喜んで頂ける企画をして参ります。

イベントのご様子は、何方かのお役に立てる内容が一つでもあればと、こちらのブログYoutubeでも配信して参ります。

ホームオーナー様と一緒に作る、桧家名古屋の注文住宅。展示場は、いつでも寛ぎにお越し下さい。

ご来場予約はこちらより、お気軽に。