いつ来てもおかしくないと言われている「南海トラフ巨大地震」「首都直下地震」

地震大国の日本では、いつ、どんな地震が起きてもおかしくないですよね。

家づくりにおいて最も大切な事は、“ご家族の幸せと安心な暮らし”です。

そして、その際に必ず押さえておきたいポイントの一つに『地震に強い家』かどうか、という事があります。

もちろん、地震が来ても倒れない家を建てたいと思うのは、何方も同じお考えかと思います。

では、地震に強い家とは、どのように判断していけばよいでしょうか?

また、よく聞く「耐震等級」って、具体的に何を表しているのでしょうか?

桧家住宅名古屋の加藤が、解説させて頂きます。

耐震性能とは

まず初めに、住宅の耐震性能について解説させていただきます。

耐震性能を示す指標は2つ。「耐震基準」「耐震等級」です。

この2つ、似た言葉ではありますが、それぞれ意味合いが違うんです。

耐震基準とは・・・

これから建てようとしている建物に対して、法令により「最低限クリアすべき」と規定した基準のことです。

つまり、“人命を守る事”を目的に、国によって予め定められたもの 。

この耐震基準は、大震災が起こる度に見直しが行われます。

実際の被害の教訓を活かして変わっていくため、当然ながら耐震基準にも新旧があります。

歴史の中で最も大きな改正をもたらしたのは、1978年に起こった宮城県沖地震。

地震発生から3年後の1981年6月1日に、新基準が適用されました。

この見直しを一つの区切りとして、改正以前を「旧耐震基準」、改正後を「新耐震基準」と呼んでいます。

その後、1995年の兵庫県南部地震、いわゆる阪神・淡路大震災では、震度7に襲われた地域で、新耐震基準の建物でも大破・倒壊の被害が発生したために、「建物の接合部を金物で補強する」事を奨励する、建築基準法の改正が行われています。

この地震では、死者行方不明者が昭和以降最大となってしまいました。

実は、阪神淡路大震災で被災・倒壊した木造家屋は、98%が旧耐震基準で建てられていた事が明らかになっていて、より地震に強い家のために、法令が強化された事になります。

さらに2000年には、木造住宅に於いて、より高いレベルへ建築基準法が改正されました。

 

耐震等級とは・・・

地震に対する建物の強度を示す指標です。

住宅の性能表示制度を定める「品確法」に沿って定められた等級の一つです。

つまり耐震等級とは、地震で建物が崩壊しないよう、地震に対する構造躯体の倒壊や崩壊等のしにくさを表しています。

“人命を守ることに加え、建物そのものを地震から守る事”が目的です。

“品確法”では、「損傷防止」と「倒壊等防止」という基準が設けられており、「損傷防止」は震度5程度の地震に対して、大規模な修復が必要ない程度の耐震性といわれています。

 

一方「倒壊等防止」は震度6強~7程度の地震に対して、損傷を受けても人命は損なわない程度の耐震性といわれています。

“耐震等級”には3段階のランクに分けられていて、その数字が大きいほど、建物の耐震性能が高くなります。

ここで、耐震等級ごとの耐震性能についてご説明させていただきます。

 〇耐震等級1

⇒建築基準法で定められている耐震基準と同等で、建物に備わっているべき最低限の耐震性能を満たしている事

(※震度6強~7に相当する、数百年に1度起こる大震災に耐えうる強度を持った建物で、

2016年4月に発生した熊本地震は震度7で、このレベルを想定しているという事になります)

 〇耐震等級2

⇒耐震等級1の1.25倍の倍率の耐震強度があることを示しています。

「長期優良住宅」として認定を受けるには、耐震等級2以上が必要となります。

※耐震等級2以上の強度が必要と定められている建物として、公共施設では、災害時の避難場所として指定される“学校”や“病院”などがあります)

 〇耐震等級3

⇒耐震等級1の1.5倍の倍率で耐震強度があることを示しています。

「住宅性能表示制度」で定められている耐震性の中でも最も高いレベルです。

(※災害時の救護活動・災害復興の拠点となる”消防署“や”警察署“など、その多くは耐震等級3で建てられています)

 

耐震性能を決める要素

これから家づくりをされる際に関わってくる内容ですが、耐震性能を計算するのに大きく関わる要素が、『4つ』あります。

要素① 建物の重さ

⇒建物(木造・軽量鉄骨・重量鉄骨・鉄筋コンクリートなど)そのものや屋根が、軽ければ軽いほど、地震がきた際の揺れ(振り幅)が小さくなります。

要素②耐力壁の多さ

⇒地震や風圧などで生じる横からの力に対抗できる壁のことで、耐力壁がバランスよく配置され、多ければ多いほど耐震性に優れています。

要素③耐力壁や耐震金物の配置・設計

⇒せっかく壁や金物を使って計画していても、上記で述べたようにバランスよく計算し配置されていなければ、最大限の効果は得られません。

建物の外角コーナー部分に耐力壁を設けたり、上下階の耐力壁の位置を合わせるなど設計(間取り)の配慮が必要です。

要素④床の耐震性能

⇒剛床工法といわれる造りで、構造用合板を直接梁(横架材)に留め、柱・梁と床面を一体化させる工法があります。この工法は、床(水平)剛性を高め、地震や台風時における床面の“横揺れ”や“ねじれ”を抑える効果が得られます。

 

まとめ

マイホームが「地震に強い家」となるためにも、耐震性能・耐震基準・耐震等級、それぞれの言葉が表す意味

そして、耐震性能を少しでも高めるためには、どんな要素があるのかを知っておく事が大切です。

家づくりにおいて、たくさん検討すべき事はありますが、やはりご家族皆様が、これからの人生を幸せで安心な暮らしをしていくためにも

今回お話しさせて頂いた「地震」や「耐震」に配慮し、建築会社さんと相談出来るといいと思います。

また、そのような配慮に優れた家、建築会社を選定する事も重要です。

私共、桧家住宅名古屋でも、家づくりをする上で、何よりも安心な暮らしをご提供するために“全棟 耐震等級3の最高等級を実現しています。

強い家をつくる為の十分な強度を確保したうえで、1棟1棟ごとの土地や条件に合わせ、居住性や快適性・デザイン性を考え、間取りの設計をしていきます。

安全に暮らせるマイホームのために、不安要素は何でもご相談下さい。

一緒に「ご家族の安心」をつくっていきましょう。

桧家住宅名古屋リアルサイズ展示場来場予約はこちら

桧家住宅名古屋資料請求はこちら