こんにちは。桧家住宅名古屋の菱川です。

よく耳にする、賃貸と持ち家のどちらがお得か?という議論。

木造住宅一筋30年の私ですが、必ずしも「持ち家」を誰にでも推薦するわけではありません。持ち家なのか、賃貸なのか。それは、その人の生活スタイルや人生観による判断だと思います。

今日は、持ち家を持つのか、生涯賃貸に住むのか迷われている方に向けて、それぞれにかかるコストのイメージ。メリットとデメリットの一覧を、住宅に携わる立場から、出来るだけフラットにご紹介したいと思います。

賃貸住宅か持ち家か・・?必要以上に迷わなくなる判断基準

 どちらがお得か・・?これは、人によって変わります。

こう言ってしまうと元も子もありませんが、持ち家がいいのか、賃貸で様子を見るのかアドバイスさせて頂くにあたっては、どうしても、その方のおかれている状況をまずお聞きして、それぞれ異なる人生観も加味しながら考えていく必要があるからです。

こういったご相談を私が受ける際には、まず、今の生活だけではなく、30年後の生活を想像して頂くように、お話しています。

今の住居で家族は満たされているのか、そして、30年後も、このままで心地よい生活を送れそうなのか?

一度、家族構成や生活スタイルなどを鑑みながら、具体的に想像してみる事をお勧めいたします。

昨今では、賃貸住宅を「格上げ」して新たなる賃貸に住み替える、という需要も急増しているそうです。

在宅ワークが進み、緊急事態宣言禍で外食の機会も減り、自宅にいる時間が圧倒的に増えた今、レジャーや外食、車にお金を使わなくなった代わりに、家にお金を使った方がいいとお考えになる需要です。

部屋数や設備など、賃貸のお部屋を住み替えてグレードアップされている方。中には、持ち家をマンションから一軒家に住み替える方もいらっしゃるでしょう。

賃貸物件が合っているのか、持ち家が合っているのか、また、どちらが豊かな生活を送れるのか。

転勤の多い方や、生活スタイルが短いサイクルで変わる方は賃貸に住んで格上げしていくのも手だと思いますし、ある程度その土地に根付いた生活を築いていくのであれば、持ち家の魅力は大きいかと思います。

住み替える事は難しいまでも、持ち家であれば、自分の生活スタイルの変化によって、リフォーム・増築等の改装も検討する事が出来ます。

人生様々、見合った自宅も様々です。

まずは、ご家族の30年後を想像してみる事が、ご自分にあった判断に近づく、大きな一歩となるのではないでしょうか。

次に、判断する上で決して避けて通れない、お金の話を、少し掘り下げてみたいと思います。

 

住宅ローンと賃料、どちらがお得?

住宅ローンの返済をするのか、それとも賃料を払い続けるのか。

お金の事は、決して無視できない問題です。

どちらにしろ大切なお金ですから、納得して払い続けられる事が何より大切だと思います。

この後シミュレーションもしてみたいと思いますが、結論からお伝えすると、多くの場合、払う金額の総額自体は、大きく変わらないのではと思います。

それであれば、永遠に自分のものにならない賃貸よりも、ローンの返済後には自分や家族のものになる持ち家にお金を使う、とお考えになる方は多いです。

4人家族の方が持ち家を計画する場合、最低限必要な間取りは3LDKとお伝えしています。

子供部屋2室、ご夫婦の寝室、そしてLDKの生活空間で3LDKとなります。

お子様が何人誕生するのか、また将来的に親御様との同居が考えられるのかなど、ある程度の想像が出来るのであれば、持ち家の間取りは想像しやすいと思います。

もちろん、未確定要素が多いうちは賃貸で様子を見るという事もあるでしょう。

20年後・30年後が未確定であり、今現在 格安な賃貸物件に住んでいて、環境的にも困っていないという方は、お金の面で見ればお得なのかなと考えます。

一方、既に高い家賃を支払われていて、環境的にも今ひとつ満足感がないという事であれば、決してお得な賃貸に住んでいるとは言えないので、引っ越しをして賃貸住宅の格上げをするよりも、いっその事持ち家を検討されるのは賢明かと思います。

この先想像できない事が起こる可能性の方が高いのか、ライフスタイルや家族構成など、大まかでも見えてきているのか。

まずはそこを考えて頂いた上で、金銭的には、どちらの方がお得なのか・・この後のお金のシミュレーションがご参考になれば幸いです。

 

住宅ローンと賃料の具体的なシミュレーション

若いご夫婦で、例えば小さなお子様が1人いらっしゃるご家庭の場合、毎月支払っていかれる賃貸の家賃相場は、8万円くらいです。

1年間で96万円。35年間で、概ね3379万円を大家さんに支払っていかれる事となります。

この金額に、保証料・敷金礼金等が加わります。

一方で、持ち家の住宅ローンを返済していかれる場合

現在の金利で、毎月8万円をボーナス払いなしで返済すると想定した場合、35年間払いで3100万円程度の住宅ローンを組む事ができます。

ちなみに、3300万円の住宅ローンを組むと 月々85,000円程度の返済となります。

ここに、固定資産税等が加わってきます。

35年後を考えた時、自分や家族のものになるのか、それとも大家さんにお返しするのか、という意味で考えれば

35年後に、マンションであれば建物自体の資産価値がゼロ円になる事はありませんし、一戸建てであれば、少なくとも土地の価値が手元に残ります。

賃貸は、自分のものになる事がないという意味では35年後もゼロ円ですので

お金の面だけで見れば、間違いなく持ち家の方がお得です。

持ってしまうと動けないデメリットもありますが、今度、地域に根付いていく生活をイメージできるという事でしたら、金銭面で言えば持ち家がオススメです。

では、実際に住んでみると、35年間の間に、住宅ローン以外にどんなお金がかかるのでしょう?

そこもやはり気になる所だと思いますので、続けてご紹介させて頂きます。

 

持ち家に住むと必要になるお金やリスク

 持ち家をお考えになる時に、きっと頭を過るのが、お家のメンテナンスについてではないでしょうか?

例えば、ガスや水回りのトラブルなど・・何か不具合があった時に、賃貸だったら大家さんが直してくれたけど、持ち家であれば「自分の家は自分で直す」という事になります。

一般的に持ち家の維持メンテナンスのコストは、35年間で、少なくとも350万円くらいは考えておかれるといいと思います。

どんなものにお金がかかるのかと言えば、例えば外壁の塗装や、ガスボイラー・電気温水器といった熱源機の修理・交換等です。

持ち家を購入したら、そういった事まで念頭に置き、備えておく必要があります。

また、災害に見舞われるリスクをお考えになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何かあった時は、地震保険や火災保険で幾らかはカバーできるものの、状況によっては自己負担が生じる場合もあるでしょう。

その点、賃貸であれば、修繕費は大家さんが負担してくれる。災害に対する不安が少ない、と考える事も出来ると思います。

では、災害が実際に起こった場合を踏まえても、何故多くの方が、持ち家に住む方が安心とお感じになるのか・・

それにはやはり、建て方の違いも大きく影響しているのではないかと思うのです。

 

持ち家が快適と言われる本当の理由・建て方の違い

 災害や維持メンテナンスといった、ある程度のリスクを背負ってまで人々が家を建てる理由は何かなと考えてみると、やはり、毎日の住心地を優先されての事だと思います。

一般的に、持ち家を賃貸住宅と比べた場合、建物自体の素材・断熱・設備・防音など、あらゆるものが、グレードの高い仕様で作られています。

そういった意味では、快適さだけではなく、災害時についても、持ち家の方が安心感が高いとも言えると思います。

我々、住宅の造り手の立場から本音をお話しさせて頂くと

賃貸住宅のご依頼を受けて造る時と、実際に住む方からのご依頼で造る時では、目線が変わってきます。

賃貸住宅を造らせて頂く場合、お客様は大家さんです。

すると、大家さんにとって利益が出る家、つまり安く造って高く貸すことが出来る家づくりを考える事になります。

住む人ではなく、大家さんのために「入居者をいかに増やすか」「いかに儲かって頂けるか」そういった事を、必死に考えてお造りする事になります。

一方で持ち家をお造りする際は、住む方の事を考えます。

安心か?安全か?快適か?と常に問いかけ、住む方の目線に心血を注ぎながら、出来るだけ良い素材や設備を使って造っていきます。

環境に違いがあるのは当然の事です。

私は結婚当初、中古の分譲マンションに住んでいた時期がありました。

今思えば、賃貸マンションやアパートより造りがしっかりしていたので、断熱性、防音性などといった意味で、マンション暮らしも非常に快適だったと記憶しています。

もしかしたら「誰かの家」ではなく「自分の家」と感じられた事そのものも、安心感や充実感に繋がっていたかもしれません。

先述した通り、月々にかかるコストが僅かな違いで、最終的には何も残らない賃貸か、資産価値が残る持ち家かという議論以上に

賃貸住宅よりずっと快適であるという事が、持ち家の購入を決める方の背中を押しているのではと思います。

まとめ

持ち家と賃貸では、どちらがお得か?というのは、その方の人生や、将来像、価値観によって選択が変わる議論です。

持ち家を持つのか、様子を見るのか、それとも生涯賃貸に住むのか。

あらゆる側面を理解した上で、いつ判断するのかをお決めになるといいと思います。

そして何より、ご自身が納得感を持てる決断をされる事を、心から願っております。

 

 

桧家住宅名古屋リアルサイズ展示場来場予約はこちら

桧家住宅名古屋資料請求はこちら