規格住宅とは?自由設計との違いやメリット・デメリットについて徹底解説!

いよいよお家購入を本格的に検討される時、夢が膨らむのと同時に「1から全て決めるのかな・・」と、選択肢が多いが故のお悩みも出てくるのではないでしょうか?
そんな時に目を向けたいのが「規格住宅」。
自由設計の家を選んだ時と、規格住宅を選んだ時の違い・メリットやデメリットについて、桧家住宅名古屋 代表の菱川より、お伝えさせて頂きます。

住宅における規格と自由の意味

まず最初に、規格住宅と自由設計の家を、簡単に定義してみたいと思います。
規格住宅とは、予め造り手側、例えば住宅メーカーや工務店から、間取りや設備、材料の仕様を選定してご提案する住宅の事です。
お客様には、決められた幾つかの選択肢からセレクトして頂きながら、セミオーダーで設計を確定していきます。
一方、自由設計とは、買い手側、つまりお客様の目線から全てがスタートします。間取りや材料、仕様に至るまで、プロのアドバイスを入れながら、一から希望を叶えて行く住宅です。
もちろん自由設計の方が良いとか、規格住宅の方が良いとか、甲乙は付け難いです。
お客様の価値観、こだわりによって、合う合わないがあると思いますが一般的には、こだわりよりも価格を優先させたい方には、規格住宅。
考える事が全く苦にならず、寧ろイメージを膨らませていく事が好きな方には自由設計が向いていると言えるのではないかと思います。

間違って解釈してはいけない点は「自由設計だから何でも出来る」訳ではない、という事です。
多くの理想が叶えられるのと同時に、法的な制限、強度、耐久性など、どうしても自由にならない事もあります。
また各住宅メーカーによっても、「自由設計の家」でありながら、会社のルールや得手不得手によって制限が引かれているのが通常です。
逆に言えば、住宅メーカーで「規格住宅」として提案しているものは、その会社の得意分野やこだわりを色濃く反映している事が一般的ではないかと思います。

規格住宅と自由設計の違いやメリット、デメリット

1.価格の違い

規格住宅より自由設計の方が高い!という認識は、基本的には間違いでは有りません。ここはやはり、規格住宅の大きなメリットです。
規格住宅の方がお求めやすくなる理由は、規格住宅=設計済みである、という事です。
仕様などもあらかじめ決めてあることから、設計士がプラン作成を一から行う作業や、仕様を考えたり、準備したりする作業が少なくなります。
もちろん、間取りや仕様だけではなく、通常考えられる建築基準法と照らし合わせる法的チェックなどを含めると、一軒の家を設計するのに、大きな労力が掛かり
これが予め考えられている、という部分が、規格住宅と自由設計に大きな価格差を、生む事になるのです。

規格住宅の設計プランにある中で、ご自身の理想にかなう間取りが有り、それがお持ちの土地にもピッタリはまる。こうなれば間違いなく、規格住宅にメリットがあると言えます。
とはいえ、必ずしも自由設計が高いわけではなく、コストダウンを図る為のシンプルな設計や、仕様材料の選択など、自由設計で住宅のコストを下げる方法はいくらでもあるのかなと思います。

2,設計プランの違い

設計プランについて、それぞれの良さを一言で言うならば、規格は安心感。自由設計は、世界に一つ。という事になるかと思います。
自由設計は言葉通り、自分の生活スタイルに家を合わせる、オーダーメード住宅。世界に一つだけの夢を実現させる醍醐味があります。
生活の中で1つ1つのこだわりを感じながら、充実感ある毎日が送れるのではないかと感じます。そしてこれこそ、自由設計のメリットだと思います。
一方、規格住宅はあらかじめ複数(数十~数百)のプランが作成され、パンフレットやカタログでいつでも、見られるようになっています。
この複数のプランを考える時のテーマは、「多くの人に受けいれられる」という事になります。
万人受けというと、つまらないようにも聞こえてしまいますが、それは違います。
人や家族の生活は十人十色と言いますが、実は多くの方の使いやすいプランはあながち似通ってくるものです。
欧米の住宅は、ほとんどが規格住宅であると聞きます。誰でも使いやすく、万人に優しい、ユニバーサルデザイン。
欧米では、購入した住宅を生涯にわたって利用するのではなく、住みかえて行くのが一般的である事が所以しているようです。

多くの方の生活に適合する。そして、将来も売却もしやすい。
これこそが、経験抱負な設計士が、どんな方でも使いやすいプランを考案する規格住宅のメリットと感じます。

3,購入する時の目線

購入者の立場で、規格住宅にメリットがあるのか、自由設計にメリットがあるのかを考えてみると、答えは「人それぞれ」。
こう言ってしまうと身も蓋もないですが、上記の、価格、設計プランの違いからも分かるように、何にこだわり持ち、家を造るのか?によります。
こだわり〈 価格  であれば「規格住宅」
考える事が好き 〉考えるのが面倒  であれば「自由設計」
あなたはどちらでしょうか?
本来、規格住宅は企画住宅であるべきだと考えます。
規格住宅という言葉は、多くの住宅会社でも使われている一般的な呼び名であり、前述したように、間取りや寸法、仕様材料などが規格化されているという意味です。
しかしながら昨今の家造りでは、間取り、寸法、大きさ、仕様材料はもちろんの事、多くのお客様がライフスタイルを重要視されています。
マイホームの中で、また外においても、どんな毎日の生活を送るのか。休日はどのように過ごすのか。
それを実現するためには、どのような間取りで、どんなアイテムが必要になって来るのか?
こんな具合に、ご自身が求めるライフスタイルを起点に、家造りが考えられています。
子供には、安心できる空間で思いっきり遊ばせたい。
天気の良い日は、リビングから直結のウッドデッキでコーヒーを飲みたい。
休日は屋上でBBQをしたい。

これからの規格住宅は、造り手が住む人の生活をイメージして提案する「企画住宅」へ変遷していくと思います。
暮らしていく様子が手に取るように想像できる、分かりやすいプランや仕様が求められていると感じています。
私共桧家住宅にも、企画住宅が有ります。
設計プランや金額が決められていながら、生活スタイルにもこだわれるスマートワンというシリーズ。
屋上リビングや小屋裏収納、パティオ(中庭)など、まさにライフワークをイメージしやすい、数百のプランからセレクトできるプランです。
是非ご参照ください。

桧家住宅名古屋リアルサイズ展示場来場予約はこちら

桧家住宅名古屋資料請求はこちら