こんにちは。設計部の大野です。
今回は、ちょっとした工夫でお洒落な空間が演出できる、壁・天井の造作アレンジを紹介いたします。
比較的低コストで実現できるので「せっかく家を建てるなら、おしゃれな間取りにしたい…。でも大掛かりなオプションは予算が気になる…」そんなお悩みを抱えた方にお勧めです。

◆垂れ壁を上手に設置する

下がり壁とも呼ばれます。キッチン周りでは防煙のために必要ですが、さりげなく空間を区切りたい所にも使えます。
例えばリビングと畳コーナーの間など、完全に襖などで区切るには窮屈な場所に、あえて垂れ壁だけを設ければ、圧迫感なく空間を区切ることができます。
通常は水平ですが、あえて三角形やアーチ状の垂れ壁を設けることで、可愛らしい雰囲気にすることも。
ほとんど手間代だけで実現できますが、乱用すると空間が狭く見えたり、明かりが遮られて暗くなりやすいです。三角やアーチ状にした垂れ壁は建具がつけられないなど、注意が必要です。

◆カーテンレールを隠す

天井を一部折り上げることで、カーテンレールを隠してすっきりした印象になり、ホテルのような洗練されたインテリアが似合う空間ができます。カーテンが天井から床まで一直線に通って見えるので、カーテンを閉じれば実際より空間が広く見える効果も。
構造上、このような形状にできないケースもありますので、計画したい場合は早めに設計士にご相談ください。

◆間接照明を作る

折り上げ天井や垂れ壁で、照明を隠すような配置にすると、照明器具が視界に入らず、明かりだけがぼんやり浮かんで見えます。
コーニス照明やコープ照明と呼ばれる手法です。光源が直接目に入らないので優しい印象になり、光の帯が浮かんで見える、面白い魅せ方ができるのでお勧めです。
光が弱いので、メインの照明器具は別に付けて、補助的に活用してください。

<折り上げ天井の注意点>

間接照明にしたり、カーテンレールを隠したりができる折り上げ天井ですが、注意すべき点があります。
天井内部には、ダクトや電気配線などが通っています。折り上げ天井にすると、一部の天井が通常より高い位置になる分、配線スペースが狭まることになります。
ダクトや配線の通り道を確保するために、折り上げが不可能だったり、天井全体を下げるなどの対策が必要な場合があります。
折り上げ天井にしたい場合は、早めに設計士にご相談ください。

◆折り上げ天井で、あえて梁を見せる

天井には梁が通っています。通常は梁を隠して平らな天井にしてしまいますが、折り上げ天井であえて梁を魅せ、空間のアクセントにする方法があります。
これを梁表しと呼び、表した梁に塗装をしたり、表面の材質を変えることで色々な表現ができるようになります。
ただし、この場合も先述のとおり、折り上げたところは電気配線のスペースが狭くなるため要注意です。不可能なケースや、使える照明器具に限りがある場合も。

◆壁の一部をアクセントクロスに変える

壁は壁紙(クロス)で仕上げますが、壁の一面だけ色や柄を変えるだけでも、メリハリのある空間になります。
構造上、どうしても必要な柱や間仕切り壁があると、つい「邪魔!!」と思ってしまいますが、そんな壁や柱も、大胆に色を変えてみると面白いアクセントに。
クロスは木目柄や花柄など、たくさんの種類がありますので、いろいろな表現ができます。ただし、使い過ぎは要注意です。どこもかしこも色柄を変えると、乱雑な印象を与えます。
たくさんの色柄を組み合わせる内装は、全体のバランスと統一感に細心の注意をする必要があり、上級者向けです。色のトーンを揃えるか、同系色でまとめると、統一感ある仕上がりになります。
また、家具やカーテンが入ることも考えながらデザインしましょう。

◆ニッチを作る

壁を一部凹ませて作るニッチは、花瓶などのインテリアを飾る場所にできます。他にも、ニッチ内部のクロスを変えてアクセントにしたり、小さな明かりを設けたり等、いろいろなアレンジの仕方があります。
ただし、本来ある壁を凹ませて作るので、筋交いがある所など、作れない場所も。また、ニッチ内のスペース自体は狭いため、収納としてはあまり活用できません。小物の飾り棚程度に使うのがお勧めです。
余白を意識するように、飾る物の数を絞ったほうが、スッキリとしたお洒落なインテリアになります。

~おまけコラム~

◆上手な収納プランでスッキリ見せる

せっかくお洒落なお家をつくるなら、いつも綺麗にして過ごしたいですよね。

物を散らかさず、きれいに片づけができる家にするには、「必要なものを」「必要な場所に」収納することが肝心です。家族全員が片づけしやすくするには、動線と動作数を意識して間取りを考えます。

例えば、パントリー(食品庫)を設ける場合…

場所はもちろんキッチンのそば。さらに玄関が近ければ、買い物から帰ってすぐに食品をしまう事ができるので、より使いやすくなります。
続いて動作数について。パントリーに扉があった場合、中が見えないので見た目はスッキリしますが、頻繁に使うなら、いちいち扉を開け閉めするのが面倒になってきます。手間を省くために、あえて扉を付けない選択も。
パントリーのような大きな収納スペースが作れなくても、収納の場所や動線に気を付けて上手にプランすれば、片づけやすく、家事がしやすい家ができます。
効率的な動線については、ライフスタイルや間取りによって様々です。
例えば、玄関から入ってすぐ洗面脱衣所と浴室のあるプランの場合、
帰ってすぐ洗濯機に汚れた衣類を放り込んで、そのままお風呂にはいれるので、運動部のお子さんがいる家庭やアウトドア派向きです。
逆にキッチン・洗面などの水廻りを1か所に固めて、家事動線を短くし効率を上げる手も。
何もない状態から、効率のいい家事動線や収納を考えるのはとても難しいと思います。また、「こうしたい」「ああしたい」と思っても、具体的な形がイメージできない人も多いのでは?
そんなお悩みにも、スタッフ一同で一緒に解決していきますので、お気軽にご相談ください。