お久しぶりです。設計部の久原です。
今回は、設計士として勉強中の私から「住みやすい間取り」についてのご説明をさせて頂きます。お家を建てるにあたって間取りなど困っている方は必見です。まず、当たり前のことですが、住みやすい間取りと言っても、実際に住む人によって住みやすい間取りというのは変わってくるものだと思います。

一般的に考える住みやすい間取りについて「4つのポイント」を説明していきます。

point1 家事導線について

家を建てるにあたって、特に女性の方が一番気にされるのが家事導線ですね。また、家づくりを考えられる方は、お子様きっかけの方も多いので、気にしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

人気の家事動線!

キッチン⇔洗面所⇒お風呂

この動線は、ご要望される方がとても多い動線になります。ご飯の支度をしながら、洗濯やお子様お世話をしたりと水廻りの動線を考える方が多いですね。ただし、すべてのお宅がこのような動線を実現できる訳ではありません。

基本的には、どの設計士も家事導線は設計の際に気を付けてプランしてくれます。よほど変わった敷地でない場合は最低限反映されてきます。もし、「ん?」と感じる事があれば、他に大切にした事があるという意味でもあると思いますので、言葉に出して聞いてみましょう。また、キッチン廻りなど、細かくご要望がある方は、抽象的でもいいので設計士にどのようにしてほしいのか伝えてみましょう。

どのように伝えるといい?

①イメージ写真をすクラップする。
②収納したい物をリストアップする。
③困っている事をリストアップする。 等・・・

要望は、まとまってなくても大丈夫です。色々な要望に対応してきた設計士、しっかり話を聞いて最善のプランを提案してくれます。金額面ももちろん、ご要望と共に変わってくる可能性がありますので、気になる方は、その辺りもしっかりと相談しましょう。

point2 LDKについて

一応LDKとは?というところから始めます。
(ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが)
Living Dining Kitchen(リビング・ダイニング・キッチン)の略であり、キッチンは、調理する方が利用される場所ですが、「リビング・ダイニング」は家族の共有スペースになります。家の中で一番過ごされるのが多い空間になるのではないのでしょうか?

おすすめの場所は?

基本的にはLDKは南面に持って行くといいでしょう。光や風、両方取り入れやすく、過ごしやすい空間になります。東から日が昇り、西に沈みますので、特に「南東の角面」は、朝から日中まで明るく過ごす事の出来る場所になります。ただし、隣地の建物の状態でも光の入り方が変わります。建築会社さんに敷地調査をしてもらって、快適に過ごせる空間を提案してもらいましょう。

広さは?

広さ・大きさに関してですが、大きすぎもよくありません。「リビングが18帖欲しいな~」と言われるお客様もいるのですが、どのように使うのですか?とお聞きすると、、、決まっていなかったり、決まっていても実際そこまでのスペースを必要としなかったりという事があります。

必要なスペース確認の方法

①現在のお住まいの広さを把握する
②リアルサイズ展示場で体感する
(体感したい場合→コチラ

ご家族が本当に必要な空間を今一度把握し直してはいかがでしょうか?広いお住まいは、掃除も大変ですしね!

point3 その他の空間について

お風呂・トイレ・脱衣所・納戸や収納など、それぞれの個室が必要になってきます。

どの部屋も基本的には南側にあって、光の入る明るい部屋であるにことに越したことはないのですが、お風呂やトイレ脱衣所や収納などは、長時間過ごす空間ではないので北側に持って行っても問題ありません。色々な過ごし方があるかと思いますが、優先順位を考え計画しましょう。

point4 家の大きさ

間取りをあ~でもない、こ~でもないと考える時間は、とても楽しい時間です。

「大きい家=良い家=住みやすい間取り」

と考える人も多くいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。同じく、「大きい部屋=良い」とも限りませんので、どのくらいのスペースが必要であるのかをしっかりと把握して必要最低限にしましょう。「もしかしたら使うかもしれない」というのは基本的に使わないので無駄な空間にならない用お気を付けを。

間取りに関しては十人十色なので一度気になる方は、相談してみてはいかがでしょうか、

最後に・・・

知っている情報もあったかもしれませんが、読んで整理に使って頂く、また、少しでもお役に立てましたら幸いです。

ちなみに・・・・

桧家住宅名古屋では、
あらかじめ「住みやすいように検討された間取り集」が用意されています。

スマートワンという商品で350種類ものプランがあります。

一から考えるのが苦手な方、またプランがあった方が選びやすい方には、お勧めです。「自分たちに合う間取り」を選択する事が出来ます。ピッタリな間取りが見つかるのではないのでしょうか?

一度、資料請求でカタログを見てみて下さい!どんなカタログがあるのかは→コチラ

以上、またまた登場の
一人前への道を突き進む、設計部久原でした。