家の購入にて新築、中古住宅、建売住宅、マンション、中古マンションなど新しい生活をする為に色々な選択肢があり迷ってしまいます。

金額面で良いと思う所高くて手が出せない・・・

安い物で探すと駅やスーパーなど車が無いと行けない場所だったりと

世の中 上手く金額設定ができているなーと思います。

新築住宅という選択

新築住宅は基本自分の好みに外装から内装、設備機材など自由に選択出来、「理想の家」に近づけれると思います。

1から計画する大きなメリットとも言えるでしょう。

中古住宅という選択

中古住宅もやや自由に間取りの変更や水回り機材の交換などリフォーム、リノベーションすれば快適に過ごせる家になると思います。ただ、構造の関係である程度の制限がでてきてしまったり、予想外の費用が解体後に発生する恐れがあると思います。

耐震の基準が変わった1981年6月1日以降の新耐震基準の建物である事がポイントになります。
大がかりなリフォームをする際、耐震補強などの費用も発生する事も。

建売住宅という選択

建売住宅も昔は音が気になるとか断熱性能が心配などの声を聴いた事がありますが最近の建売住宅は建築屋さん次第だと思います。

大手だから安心、そうではなく、どこまでいっても作り手=職人さん次第なのでは、ないでしょうか。
安くていい物もあり、高くてもそこまでいい物では無い物件もあります。

マンションという選択

新築マンション、中古マンション共になりますが立地が良ければ将来売る時に高値で売れる可能性があります。

防犯の面でも安心して暮らせバリアフリーなので高齢者には良く、近くにスーパーやコンビニがあれば最高です。

ただ、いい事ばかりではなく、注意すべき点もあります。

災害時にはEVなどが止まってしまい高層にお住まいの方は大変だと思います。
また、マンション特融にだと思いますが購入金額+共益費や修繕積立費など毎月の出費があります。また駐車場も1台のみが多い為、近くで月極め駐車場を借りたりと購入費用以外にも出費があるのがほとんどのケースでしょう。事前に検討が必要になってきます。

まずは、相談が一番の近道

メリットやデメリットをお伝え致しました。
金額面では長い年月30~40年ぐらいで差があまり無いと思います。

どの様な物件を購入する場合でも先の出費を想定し満足いく家を購入する場合でまずは桧家住宅名古屋にご相談下さい。
一緒に最善を考え、お探し致します。