「理想のマイホームといわれると、どのような家を想像しますか?」

大きなリビングのある家。きれいな外装の家。収納にこだわった家。いろんなこだわりがありますよね。

家を建てるなら平屋と、2階建て、どちらの方がいいのか?

一般的には2階建てがまだまだ多い中で、

急激に人気を伸ばしてきているのが平屋住宅なんです。

そこで今回は、2階建てと平屋それぞれにどのようなメリット・デメリットがあるのか、ご紹介していきたいと思います。

2階建て メリット

▶1階と2階で
デザインのテイストを変えることができる。

どのような内装にするか迷ってしまうマイホーム。
一階と二階で二種類ものデザイン性で異なった雰囲気を作るという楽しみ方ができます。

▶2階がある分、
延床を増やすことができる。

当たり前ですが、せっかくの土地を有効に使ってできるだけ広い家を作りたいときに、2階を作ることでたくさんのスペースを取ることができるようになります。

 

2階建て デメリット

▶階段がつらい

2階建てになるともちろん階段での移動が必要になってきますが、年齢を重ねていくと階段を上るのがつらくなってきたり、子供が独り立ちをして2階の部屋が使われなくなり物置になってしまう

という現象が起きてしまいます。

▶温度差が大きい

夏になると、暑い空気が上に向かっていくので2階が熱すぎて入れなくなるということがあります。

▶やっぱり2階建てのイメージが強い

マイホームを建てるなら2階建て!
という方が一般的に多いです。

平屋 メリット

▶地震に強い

イメージでなんとなくわかりますが2階がない分重心が下がるということや、2階との構造のバランスも考慮しなくてもいいので構造的に安定しやすいという特徴があります。

▶バリアフリー

平屋住宅ならではのメリットですが階段がないので老後も階段を使わない、バリアフリーな生活を送ることができます。

平屋 デメリット

▶坪単価が高くなりやすい

同じ延床の2階建てと平屋を比べた時に、平屋の方が坪単価が高くなってしまうことがほとんどです。

というのも、屋根や基礎をより多く必要とするためです。

▶広い土地が必要

平屋となると、いくつか部屋を作ろうと思うとどうしても広い土地が必要になってしまうため、エリアによっては土地代が高すぎて

平屋を作るのが不可能になってしまうということがあります。

まとめ

老後に安心な暮らしをしたい。

と考えても・・・

どうしても2階建てに比べて費用が高くなってしまう。

資金、土地に余裕があれば平屋。

そうでなければ2階建てにする

・・・・という方がとても多いように感じます。

皆様は、いかがですか?

桧家住宅名古屋の平屋

ヒノキヤ住宅の平屋のカタログの平屋の規格型プランの一部ご紹介。

 

ヒノキヤ住宅の平屋のカタログには素敵な平屋の規格型プランがたくさんございます!

桧家住宅名古屋の企画は、
仕様はオーダー住宅と同じ。規格ならではの価格が抑えられています。

桧家住宅の平屋なら、夢が叶うかもしれません。

このホームページからも資料請求ができますのでぜひぜひご覧になってみてください!

友だち追加