そもそもローコスト住宅の定義はあるの?

ローコスト住宅は○○○万円以下や坪単価○○万以下など公的な定義などありませんね。

本体工事1000万以下をローコスト住宅とうたったり、2000万以下をローコストカテゴリーにしている場合など、ネット上でも様々なサイトで、様々な分類になっています。

明確にいくら以下というものは世の中になく、答えがあるとするなら購入されるお客様の価値観や感覚でひょっとすれば、3000万円でもローコストだねとおっしゃる方もいるかもしれません。

住宅の取得費用の内訳

お客様にとって大事なのは、住宅取得するにあたって掛かるすべての費用、総費用の資金シュミレーションですね。

一般的に

①本体価格・・・簡単にいうと、基礎から上の建物自身の価格、どんな立地でも関係なくカタログなどにも表示される価格です。(装飾品や建物周囲や地域の法的制限などでかかる費用を含みません)

 

②付帯工事・・・外周部では言えば、エクステリアや土地造成、外部の給排水、地盤補強工事など外周部に占める費用は大きいですね。

他には建築確認申請費用やカーテンや空調費用などが代表例です。

一般的には400万以上はかかると思います。

 

③オプション工事・・標準品からのグレードアップ中心です。①本体価格や②付帯工事とは違い、無くても住宅としては機能しますし、生活もできます。まさにお客様のニーズにより足される工事です。全館空調や太陽光発電もその最たるものです。

④その他費用・・・火災保険やローン諸費用、引っ越しや登記など、建築会社とは別にお客様、様々な所に直接支払う費用があることもお忘れなく、これも住宅取得コストです。

 

このように建築会社でかかる費用は、

①+②+③=総請負金額 となり3階建て構造で金額が決まります。

住宅会社、ローコスト住宅や高級住宅など一般論は様々ですが、②付帯工事や③オプション工事などはあまり各会社、価格差が出にくいものと思います。

よって、住宅の価格をうたうにあたり、①本体価格が各社、各メーカーの差を比べる上では一番わかりやすいと感じています。

どの価格をみて、○○○千万とか、坪あたり○○万円とか判断していくの、または表示していくのはとても困難ですね。

大手住宅選びのネットサイトの価格表示を見ていてもバラバラな表示だと感じます。

 

本当のローコスト住宅はコストパフォーマンスが良いこと

これまでお話してきたように、価格の表示や範囲も様々、○○○千万とか、坪あたり○○万円だったらローコスト住宅!

と単純には言えないことが、おわかりいただけたでしょうか?

私は、お客様が欲しいと思うニーズ、性能や設備グレード、デザイン、強度、耐久性が明確でそれが搭載、設置され他社より

安い!ここまで入って○○○千万! このコストパフォーマンスの高い事が、まさにローコスト住宅の本物といえるのでは

ないでしょうか!

要は、お客様のニーズを満たすものが、あって安い!

必要なものが無くて安くてもローコストでは無い。

不要なものがあって高くては、それこそ無用の長物ですね。

桧家住宅は、気密を重視した断熱にこだわり、省エネECOハウスを住宅造りの基本とし、ここにきれいな空気を

循環させ、全館空調で快適にする、ここに大きなコストをかけています。

手前みそですが、コストパフォーマンスからみた桧家住宅は、十分ローコスト住宅だと思っています。

家についての様々な疑問や質問などありましたら、LINE公式アカウントでの個別相談やオンラインでの相談など行っていますのでお気軽にご相談下さい。

友だち追加