今まで100棟以上のお家造りのお手伝いをさせて頂きましたが、そんな私も自宅を建築してから早3年が経ちました。そこで、今回は私の自宅を公開したいと思います。

こだわったポイントも合わせてご紹介させて頂きます。

外観、外回り

外観はメンテナンスのことも考え外壁にタイルを使っています。

日の当たらない北側は費用こともあり、サイディングを貼っています。
※サイディングとは、建物外壁に張る仕上げ板材のことです。塗り壁に比べて工事費用は安く済み、経年劣化もしにくいのが特徴です。

南向きの家を建てると…。
日当たりがとても良い分、外壁の劣化が気になる点でもあります。機能とコストを重視されて、私のような方法をとる方もいらっしゃいます。

リビングの南側にはテラスを設け、夏は友人を呼んでバーベキューなどが楽しめる様にしました。
一緒にバーベキューをしてた友人も今年は、桧家住宅で家を建てて、庭でバーベキューを楽しんでくれています。

玄関はシンプルなイメージが良かった為、木調のドアとその上部にはアルミ製の庇を設けています。

玄関

次に、室内にはいると玄関はグレーのタイルに茶色いフローリングです。正面の扉はホワイトにしてシンプルに計画しました。一部、タイル調のクロスを使用して、雰囲気づくりをしました。

また壁の一部分を利用しニッチを設け、家族の写真を飾ったり、季節ごとにレイアウトを変えたりと楽しんで使っています。

リビング

リビングに入ると折り上げ天井といって、一部天井の高さを高く計画し、その部分には、化粧梁といって、構造材を見せました。

逆に、ダイニングの上部には、あえて折り下げ天井にし、一部天井を下げました。
下げた場所のクロスのテイストを替えてあります。

LDKは、

・折り上げ天井(天井が一部高い)
・化粧梁(構造材えを見せる)
・折り下げ天井(天井の一部が低い)
・アクセントクロス(一部クロスの種類を変えて、変化を付ける)

など、工夫をたくさん盛り込んだ、満足の空間となりました。

畳コーナー

LDKの横には畳コーナーを設けてふと横になれるスペースを作っています。
子どもが昼寝をしたり、してとても便利に使っています。

洗面所まわり

住みやすい家にする為に考え抜いた回遊性を持たせた1階の間取りは気に入っています。
玄関~LDK~洗面所~着替える場所~玄関~LDKっていうように、普通なら行ったり来たりしなければいけないところをぐるっと回れる間取り。洗面所とか、ここは意識しました。これまで120くらいの施工に携わって、1坪の洗面所だと、収納が厳しいだろうな。とか1.5坪は絶対いるな。とか思っていました。なので洗面所まわりは間取りを組む時に絶対条件でした。

2階の個別スペース

2階に上ると奥には、

洋室は1つと、

主寝室、また主寝室には、ウォークインクローゼットが夫婦それぞれ1つずつあります。
アクセントクロスをいろいろ使って、楽しみました!

バルコニー

バルコニーには洗濯物が雨に濡れないようにインナーバルコニーとなっています。
おすすめです。

小屋裏収納

そして、桧家住宅でも人気の小屋裏収納。
私の場合は完全に収納として使う用途の為、固定階段を設けずに上げ下げ式のはしごを使っています。
収納といいつつ・・・・暖房器具を持ち込んでいます笑

たくさんの物を収納する事のできるこのスペースは、おすすめです。