新型コロナは人類の命を奪っています。人々の健康を害しています。経済活動を停止し、巣もごりし住宅に閉じこもる生活が続いています。

この生活が身体の健康だけでなく、精神的なダメージを与え子供の教育、家族の幸せにもヒビが入りかけています。

 

日本人には掃き掃除や拭き掃除といった清掃習慣や、湯舟に浸かるといった入浴文化、清潔感を大切にする文化があります。

なので必ずこの危機を乗り越えることができると信じています。

住宅展示場も休業要請に応じ休業しています。

我々も休業という中、厳しい状況に置かれていますが、今私たちができることをするに徹しています。

こんな時だからこそできる、家の中での遊び、楽しみ

ピンチはチャンス! 家族団らんや家族で遊ぶ、共有する。色々考えればアイディアは浮かびます。

こんな時だからこそ、長編の本を落ち着いて読書しようと、書斎にこもる。

 

天気の良い日には家族だけのBBQ

↑ ↑ ↑ 桧家住宅名古屋で4割のお客様が採用されている屋上リビング

家族で映画観賞

↑ ↑ ↑桧家住宅名古屋で9割のお客様が採用されている小屋裏リビングは

シアタールームとして、子供の遊び部屋として、書斎として、収納として

様々なアイデアで活用されています。

 

↑↑↑ コチラは家族の絆、コミュニケーションがグッと近づくコミュニケーションブリッチ

家族が見える距離で本を読んだり、PC作業をするプライベート空間も人気です。

おまけに、桧家の空気をきれいにしてくれる24時間換気仕組みなら、この時期外に出なければ花粉症の発症も軽減できるかも知れません。

こんな時だからこそ、災害避難時の疑似体験と考えて安全対策をチェック

新型コロナも、ある種地震や台風などの震災と同じかもしれません。外出できない、家の中で終息を待ち巣ごもりするのは、災害避難時とおなじです。

第一に家が安全である事、そして食料が確保出来ること、電気、ガス、通信のインフラが滞らないことが、生命維持に欠かせません。新型コロナ感染防止で、いざという時の為に疑似体験してみる。家の点検アフターメンテは万全か?食料の備蓄は?マスク、消毒の備蓄は?停電時の対策には、この2年で蓄電池が大きく普及しました。大きな安心のインフラですね。

マイホームを冷静に見直す、いいチャンスです。

コロナが猛威を世界に拡散して、地球がきれいになった。(コロナがSDGsを加速させた)

これらのニュースは驚かされました。誰がこの現象を想像したでしょうか。

世界中の主要都市がロックダウンし、大都市から人が消え、ほんの数週間で地球が元気なり蘇る。

インド(ニューデリー)の中国(北京)の空がスモッグの無い青空に!

イタリア(ベネチア)の川が透明になり、昔は動物共存していた街に動物が現れる。

人類はこの副産物と言えるこ地球の現象に、今気づかされています。

地球を汚染させていたのは、人類だったと。

CO2の削減、森林の回復、きれいな水、食料の維持、我々住宅に携わる者の使命も多きと気づかされます。

エネルギーを抑えた生活、省エネ住宅の追及、再生可能資源の木材の利用など多くの貢献がSDGsに基づき出来るはず

この、新型コロナとの闘いの中で、投げられた問いかけであり、あらためて地球にやさしく、人類を愛す気持ちを考えさせられます。