朝晩と本格的に冷え込む季節がやってきました。特に足元の冷えは冬場になると辛いもの。「床暖房を入れたら快適だろうなぁ…」と考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、実は床暖房を入れなくても床が冷えないようなつくりの家があるのはご存知でしょうか?床暖房は導入コストもランニングコストも高くなりがちです。また、家そのものの気密性と断熱性がなければ、暖気はすぐに逃げていってしまいます。

床暖房を検討されている方は、まずは桧家住宅の「床暖房なしでも足元が冷えない家」をご覧になってください。

本記事では、全館空調を駆使して床下まで温めるという工法を駆使した、桧家住宅について紹介します。

憧れの床暖房。しかし、コストは…

床暖房に憧れを持っている方は多いのではないでしょうか?
エアコンと違って空気が乾燥しにくく、足元をしっかりと温めてくれる床暖房は確かに快適です。

床暖房の仕組み

床暖房には大きく2種類。温水式とヒーター式があります。
温水式では、床材の下に温水のマットを敷くと考えると分かりやすいでしょう。ガスや電気で早く温められることがメリットです。

ヒーター式では、分電盤から電流を起こして床の下から電気ヒーターを温めるという方法です。

双方の床暖房もコストという点では、ある程度の出費を覚悟しなければなりません。

20畳ぐらいの部屋であれば、平均して月々10,000円〜15,000円ほど光熱費でかかることも多く、エアコンなどと併用すると、冬の電気代・ガス代が跳ね上がってしまうかもしれないのです…。

床暖房の導入時には、20畳で100万円ほどかかると見込んでおくべきです。

施工コストとランニングコストを考えると、床暖房はかなりお高い買い物であることが分かるかと思います。

床暖房なしでも床が冷えないようにするには?

床暖房を使わずに、真冬の辛い冷えをなんとかする方法はないのでしょうか?
実は桧家住宅名古屋で施工を手がける場合、お客様には「うちの家には床暖房は必要ありませんよ」とお伝えしています。

その理由を聞くと、実際にほとんどのお客様は床暖房を希望されません。

床下も住まいの一部!桧家住宅の秘密

全館空調で「床下も換気する」という発想

そもそも、床が冷える原因は床下の寒気。この冷えが床を通して伝わることで足元から冷えてしまうのです。

例えば、2階にいる時は「床の冷えはそこまで気にならない」という方は多いはずです。これは、1階が温められていれば、冷えが伝わりにくいためです。

桧家住宅では全館空調の施工時に、床下に通じる通気口を設けます。これにより、暖気が床下にまで届けられ、結果的に床暖房なしでも部屋のなかが温まりやすくなるのです。

居住空間ではない床下ですが、家の一部として空気を循環させているのが、桧家住宅の大きな特徴です。

床下の空気がキレイになればこんなメリットも

床下の空気を循環させることは、1階の床を冷えにくくする以外にもメリットがあります。

例えば、カビやシロアリ対策としても、大きな効果を発揮します。

多くの家屋において、床下の空気は淀みがちです。全館空調で床下の空気も定期的に入れ替えることで、カビなどのアレルゲンやシロアリ発生の抑止効果が期待できます。結露対策としても効果的です。

手間を惜しまない工法!リーズナブルに温かい空間を実現

床下の空気にまでこだわることで、床からくる冷えやアレルゲンなどの対策もできる桧家住宅。実は、この工法は細かな手間を重ねることで実現しています。

桧家住宅では「アクアフォーム」と呼ばれる断熱材を基礎や屋根部分に吹き付けています。

アクアフォームについて詳しくみる

そのほかにも、アルミ樹脂複合断熱サッシなど導入することで、より高気密・高断熱の家を実現しています。

実は全館空調は、家の気密性と断熱性が命。細部にわたるこだわりが、快適な住空間を生み出しているのです。

全館空調について詳しくみる

展示場ではアクアフォームなどの断熱材も公開!

実際に全館空調を体験してみたいという方は、ぜひ展示場にお越しください。

全館空調を実際に体験されたいという方は、名駅北展示場(CBCハウジング名駅北内)への来場をオススメします。

そのほか、普段は見られない断熱材など、家の内部も見学していただけるような工夫も盛りだくさんです。

冬だけでなく、夏も快適になる全館空調。そして、その良さを最大限に引き出す桧家住宅。

ぜひ、家づくりの選択肢の一つとして、ご検討してみてください。