はじめに

ブログ担当初挑戦の加藤です。
今回は、ペットが快適に暮らせる住まいについて考えてみます。

私も4歳のヨーキーを飼っていますが、飼う前とはガラリと変わり、いつしか・・・ワンコ中心の生活を送っています(笑)

といっても、なかなか専門的な事はお伝えできないので今回はペットも人も快適に過ごせる家づくりについて気になる事を1つ1つ書いていこうと思います。
今、ペットを飼っている方も、家づくりを機にペットを迎えたいと考えている方も参考にしていただけると嬉しいです。

ペットを飼う家庭が増えている

少子化の一方、動物と暮らす家庭が増えています。
犬を飼っている世帯数は700万世帯以上、猫が約550万世帯。
そして飼育頭数については、2017年に猫が約950万匹以上、犬は約900万匹と調査開始以来、初めて猫が犬を上回ったそうです。

また、エキゾチックアニマルと呼ばれるハリネズミやフェレット、亀やヘビなどの穂虫類も人気です。

ペットを飼う理由

・家族がハッピーになる。
・子供の情操教育に良い。
・ストレスが減り、癒される。

といったことがあります。

少し前まで犬は番犬として外飼いすることが多かったですが、今は家族の一員として室内で飼う小型犬が人気のようです。
室内で飼う小型犬や猫が増えることにより、鳴き声、抜け毛やにおい、そして家具や壁への傷が問題になることもあります。

近年ではペットと快適に暮らすアイディアとして、以下のものがあるようです。

 鳴き声対策

私達飼い主にとっては、かわいい鳴き声でも、ご近所さんへ時に迷惑を掛けてしまう事もあるのではないでしょうか?
ペットの為に防音室を用意する!というのも検討の1つではありますが・・・コストがかかり現実的ではありません。

実際に防音室を作ろうと思うと・・・
YAMAHAの見積もりシミュレーションをやってみました。さすがに、ペット対応はありませんでしたが。
https://jp.yamaha.com/sp/avitecs/simulation/#/step1

オプション無で100万円を超える状態でした。
実際にここまでは、必要ないとおもいますが、お勧めとしては、「高気密・高断熱の家」を建てるといいかと思います。
高気密高断熱のお住まいは、防音の効果もあるので、ご近所迷惑の心配も軽減できるでしょう。

飼い主として、しつけも大切かと思います。

抜け毛対策

ふわふわの毛並の犬や猫がかわいい・・・でも、既設によっては、抜け毛が気になる事も。
衣服にカーテン、靴下・・・あらゆる布に毛が付いて、コロコロをして出かける事もしばしば(笑)

そこで、抜け毛の目立たない色・付きにくい素材のソファーやファブリックを選ぶ方もいらっしゃるようです。
また、定期的にブラッシングをしてあげるのも効果的かと。

床材の滑り対策

犬は走り回るのが大好きです。
しかしフローリング等の滑りやすい床を走っていると、上手く踏ん張れずにヘルニアや関節炎、脱臼の原因となることがあります。対策をご紹介します。

◆滑りにくい床材を選ぶ

・・・クッションフロアー・フロアタイル等

DIKEN
https://www.daiken.jp/product/detail/floor/10100021.html

Panasonic
http://sumai.panasonic.jp/interior/floor/concept/detail.php?id=kurashikata

◆滑り止めのコーティングをする

・・・ある程度効果の持続が期待でき見た目にも美しい。

一般的な複合フローリングであれば、水性ワックスや水性樹脂ワックスに対応しています。
無垢材フローリングやシートフローリングは、使用できるワックスが限られてきますので注意してください。

◆タイルカーペットやコルクマットを敷く

・・・安価で汚れた場所だけはがして洗ったりでき、お手入れが楽です。(毛足の長い高級絨毯は爪に引っかかることがあるため、適さない)

東リ
https://www.toli.co.jp/product_carpet/fabric_floor/pattern/

サンゲツ
https://www.sangetsu.co.jp/pickup/stylekit/product.html

家具・建具対策

ペットが安全に過ごす為に。
ペットの誤飲やいたずら防止のため、立ち入られたくない部屋にはゲートの設置をしたり、届かない高さの家具を選んだりするなどの対策をします。

ゲートのご紹介

透明でシンプル・ペットもさみしくないゲート

オシャレなアコーディオンゲート

背の高いゲート

色々なメーカーがあるので、参考にしてみて下さい!

におい対策

ペットの臭いは、日々の暮らしの中で慣れてしまうものですが、お客様がいらっしゃた時などに気になる方もいるように感じます。
消臭効果のある材料を使用して、より快適に過ごしたいものです。また、飼い主として出来る事はしてあげたいですね。

消臭対策のご紹介

◆内装材

LIXIL エコカラット
https://ecocarat.jp/products/

サンゲツ 壁紙(ルームエアー)
https://www.kabe.xyz/shop/sangetu-ra.html

調湿だけでなく、嫌な臭いも吸着してくれます。また、トイレを設置する場所をペットが利用しやすく、来客があった時にも目立ちにくいところに計画します。

◆消臭材

・重層スプレーなど
ペットがなめても安心な素材で作るのがおすすめです。
参考サイト:https://bitomos.com/archives/36297

・活性炭
消臭効果が高い素材なので、置いておくのもおすすめです。

◆清潔に過ごす

トイレの交換を小まめに行う、また、定期的にシャンプーをしてあげるなど、清潔に過ごせるように飼い主として接しましょう。

アイティア①
ペットに合わせた!動線を考えたアイテム

それぞれのペットで好みの動きがあります。楽しく活動的に過ごして欲しいなと思います。
猫は高いところに上るのが大好き。ネコアイテムをご紹介したいと思います。

キャットタワーのご紹介

家具と一体のキャットタワー

壁に付けるキャットタワー

部屋のインテリアのように楽しい空間になります。
吹き抜けを使った作り付けのキャットウォークやキャットタワーは、デザインの一部として設置するのも素敵です。

 

アイディア②
こんな楽しみも♪自宅にドッグラン

ペットを日当たりのいい外で自由に遊ばせてあげたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スペースをご紹介

◆広い庭

リビングと繋げて計画したり、夢が広がる空間になります。

◆青空リビング

青空リビングにを作れば、車や他の人に気を使うことなく、太陽の下で思いっ切り遊ばせてあげることができます。

アイティア③
室内温度にも気を配る

ずっとお住まいに居るペット。
エアコンを付けっぱなしでずっと家の中が快適にしているというご家庭も少なくないのではないでしょうか?
室内犬が増えた事や多種多様なペットが飼われている事も大きな理由のように感じます。

そんなご家庭にお勧めなのが全館空調です。
むしろ、人も快適に過ごせます。

桧家住宅の家は高気密・高断熱!その上、Z空調という全館空調が人気と聞いています。
ペットを飼っていらしゃる方は、詳しく聞いて頂くといいと思います。

最後に・・・

ペットも人も快適に過ごせる家づくりについて、考えてみました。
色々な配慮する点や工夫があるかと思いますが、大切な家族。1つ1つ検討して、後悔のない家作りにしてもらいたいと思いました。

スタッフの飼っているペットの写真を使いながらお話を進めてまいりました。

かわいいな~と癒されて下さい。