広く見える工夫編

小さく造って広く住む

狭い土地だと小さくて狭い家しか建てられない。そんな風に思っていませんか?

誰もが広い敷地に大きな家を建てられるわけではありません。 みなさん限られた敷地の中で、あれこれ工夫して快適な住まいづくりをされています。

今日は、狭い土地でも小さく造って広く住む家づくりのポイントをいくつかご紹介をします。

1.回遊性

家の間取りを考える時、人の動きに行き止まりをつくらないようにしましょう。

行き止まりは、より狭さを感じさせます。戸やドアを開けて別のスペースを通ってクルッと回れるような間取りを考えてみましょう。行き止まりではなく、その先に進める空間があると閉塞感がなくなります。例えば、玄関ホール→リビング→ダイニング→キッチン→洗面所→玄関ホールのように、どちらからでも行き来する事ができます。同じ床面積でも回遊性があるとないとでは感じ方が大きくかわってきます。

 

2.内装・インテリア

簡単に言うと部屋の色を明るくしましょう!です。床、壁、天井、扉、カーテン、家具などの色を明るい色で配色すると、外からの光や照明の光を反射して部屋がより明るく広く感じます。

3.家具選び

部屋に置く家具は、少しコンパクトなものを選びましょう。ソファーやダイニングテーブルやベッドなど、ついつい大きな新しい家具を選びがちですが、部屋に家具を置いた時の家具と壁との間や家具と家具との間のスペースに注目してみましょう。このスペースは人の行き来する通路です。その間が通りにくいと空間が窮屈で狭く感じます。逆にストレスなく通れると空間が広く感じます

 

4.外とのつながり

室内ばかりに注目していましたが、次は外にも注目してみましょう。家の外と中をつなぐもの、窓の活用です。部屋から窓を通して外を見ると、外の景色が見えて部屋の広がりを感じます。外部からの目線を遮るために安易に目隠しをするのではなく、窓は大きくして、カーテンレースやブラインドなどを利用して目隠しと開放性を両立させましょう。また、外と中とをつなぐデッキなどもあると、室内の床の延長としての使い方や、外とデッキと室内を一体として使う事ができて室内空間だけでなく外部空間も合わせた空間の広がりを感じていただけるでしょう。