お家づくりを考え始めるきっかけやタイミングはさまざまかと思います。

このタイミングで入居できたらいいな!とか、もう少し先でもいいけどいつ頃からお家づくりの計画などしていけばいいのだろう?など今後の参考になる“タイミング”についての内容をお伝えしていきます。

出産前後でのタイミング、どちらがいい?

結婚してからの流れとして、次は妊活もしくは住宅の購入と自然に考える 事も多いはず。

もし住宅の購入も考えているという方に、実際に体験された お話を例に挙げてみましょう。

家づくりの体験談

まず妊婦になってからお家づくりの縁があり、このタイミングでと迷われた方では、出産時期を考えたスケジュールの組み方をし、出産前に土地探しから打合せ等を済ませて、極力ご主人と話し合いをしてきたそうです。

出産後にスタートすると子ども中心の生活になることがほとんどなので、ご夫婦で一緒に考える時間を優先にしたことで、子どもの為の環境や建物に使用する素材も一緒に考える事ができたことがメリットになったようです。

まず、お身体にご負担にならない事が第一なので、ご夫婦でじっくりと話合われるいいきっかけにもなりますね。

まだ妊活前の方では、将来マイホームを持ちたいと考える中で、現実的に子育てに お金がかかることは自然なことなので、ローンを組む事もふまえてお家づくりを優先と決めたことが後々良かったようです。

月々の家賃か住宅ローンかのどちらかになるだけなのでと、前向きの判断のようです。

その後、気持ちに少し余裕が持てての出産になったようです。

早くからマイホームを意識されている方は、結婚と同時にお家づくりを進めてみてもいいかもしれませんね。

入園・入学前に入居するには?

子どもが成長をする上でのマイホーム、皆さま一度は入園や入学前のタイミングで新居にお引越しと考えたと思います。

引越しのために途中から園や学校に..友達と離れてしまって、それとも新しい友達に、新しい環境になじんでいけるかな?と心配に思う親は多いかと思います。

私自身もそう思っていました。

市内ではありましたが学区外でもありましたので、年長の途中での引越しには少し悩み、少し距離は遠くなりましたが、卒園するまでは園を変えずに車で送迎していました。

入学した時は、もちろん同じ園出身の子はいませんでしたが、小学校にはいくつもの園からの子どもたちが集まるので、新しく友達づくりをスタートするところは、他の子どもたちも同じで、正直ホッとしました。同じような経験をされた方のお話でもあるように、実際子どもは大人がお家づくりを考える上でこんなお家にしたいと思うように、子どもも親と一緒にお家づくりに参加をして楽しんでいきたい事の方が本音のようです。

もちろん学区外でお友達と離れてしまう寂しさも最初はあるようですが、新しく友達を作ることも楽しみになるとか^^

逆にいつも仲良く遊んでいる友達と同じ小学校だね、なんて言っている所に「学校は同じになれないの」と言われる方が可哀想と思う事も。

改めて考えてみると、大人が心配している以上に子どもは自然にどんな事も前向きなのですね。どちらにも子どもにとっては、そんなに悪い事ではないようです。

新しいお家に住めて良かったね、と思えるよう楽しくお家づくりをしてほしいと思います。

夏休みを利用したお引越しをするために、家づくりのスタートは?

ご家庭の事情も含め、お子さんのためにせめてもの夏休みや冬休みの大型休みを利用したお引越しを望む方もいらっしゃるかと思います。

お家づくりを検討する中で、この時期に引越しをすると決めてる方もいらっしゃいます。

例えば子どもの学校の夏休みの間に、家の引渡しと引越しを済ませておきたいと考えていく場合は、まず逆算をして工事・打合せ等(土地から探すという方は土地を見つけて、土地の契約引渡しも含めて)の期間を計算していく必要があります。

土地が決まっている場合は契約前のプラン提案・契約・打合せ・工事から引渡しまで、だいたい最短で7~8ヶ月くらいを見ておくといいです。

土地探しからの場合は、状況により大幅に異なりますが、早い所では1ヶ月で土地が決まる事もあれば、数か月かかる事もあります。行動としては、1年くらい前から動いてみる事をオススメします。

弊社では契約前のヒアリングからプラン提案を約1ヶ月、契約後の設計打合せを約2ヶ月~3ヶ月、着工から引渡しまで約4ヶ月~5ヶ月としています。

お客様によっては、設計打合せが短い方もいらっしゃれば、もう少し長い方も実際にはいらっしゃいますので、スケジュールを一緒に考えて進めていきます。

まずは、気軽に相談!

ここまでの体験談や実際の流れなど、なかなか身近では知る事もない内容もありましたね。

意外とそんなに悩まなくてもいいのかな..と思うこともあると思います。

まずは一度、モデルルームへの見学や相談に行ってみる事をオススメします。

ちょっと遊びに行ってみようかなと気軽な気持ちで、足を運んでみてください。
聞いて、見て、そして来て良かったなと思うはずです。

ぜひお待ちしております。