こんにちは。設計部 積算の大野です。

部屋の面積の大部分を占める「壁」。その壁紙を1面変えるだけで、お部屋の印象が大きく変わります。
しかし、大胆なアレンジは難しい…と思ってらっしゃる方も多いと思います。
そんな方のために、壁紙貼り分けの「失敗しないポイント」をご紹介いたします。

壁紙ひとつでこんなに違う!色と柄の効果

青は涼しげ、赤は元気…など、色が違えば与える印象も変わります。

しかし、色の印象は、青・赤・黄色…といったカラーよりも、色調(トーン)のほうが重要なポイントになります。色がバラバラでも、トーンをそろえて配色すると統一感が出ます。

使いやすいトーン

・薄い色(ペールトーン/ライトトーン)…

明るい印象を与える。北側など暗い部屋におすすめ。

・グレー系(ライトグレイッシュ/グレイッシュ)…

白や薄い色よりも落ち着いた、上品な印象を与える。他の色調とも組み合わせしやすい。

・くすんだ色調(ダークグレイッシュ/ダークトーン)…

高級感のある色調だが、暗く、重い印象も与える。天井と床にこの色調を配置し、壁を明るい色調にすると、天井が低く感じる分、コントラストで広く見せる効果もある。

 

一見、派手な柄が入っているクロスも、遠目で見るとそれほどでもない物があります。そういった柄は、使用色のトーンを統一しています。

また、柄の大きさも注意です。小さなスペースに大柄のクロスを選ぶと狭く感じるので、広く見せたい場合は小さめの柄がおすすめです。

好きなテイストのインテリアの写真を集めて並べれば、好みの色柄が絞り込めると思います。

家具の配置をイメージしながら貼り分け面を決めよう

お部屋は壁だけではありません。床色・窓とカーテン・家具や建具との組み合わせも重要です。アクセントクロスがばっちり決まっても、家具や物が多くてごちゃついて見える…なんてことになっては台無しです。

現在お住まいのお部屋の、壁面を1面ずつ見渡してみてください。

「とりあえず物を置いたり、なにかと乱雑に見える壁」と「家具の移動がほとんど無く、物が散乱しない壁」がありませんか?

アクセントにするクロスを貼る壁面は、家具の配置を固定したり、書類など余計な物が散乱しないように工夫しましょう。片づけに不安がある方は、アクセントクロスと逆視点の面に「とりあえず物置場」を設定すると良いでしょう。

また、年齢によって趣味が変わるであろう子供部屋は、どんなテイストにもなじむ壁紙にした方が無難です。

居室以外は、おもいっきり大胆なクロスを選んでOK

トイレや書斎などの小さなスペースは、家具や物が限定されるため、思い切ったアレンジがしやすい場所です。

特にトイレは窓が小さく、そのままだと暗い印象になりがちですが、明るい色のクロスを一面貼るだけで、ぐっと明るい印象になります。

クロスだけじゃない。おしゃれな壁面アレンジ

<ニッチ>

ちょっとした花瓶や小物を飾るだけで、お手軽にお洒落な空間ができます。内側にポイントになるクロスやタイルを貼っても。

<木質壁材・天井材>

その名の通り、木材や木質面材でできた壁材です。天井材もあります。

価格は高めですが、木の質感が好きな方はおすすめ。

予算の都合がある方は、クロスにも木目柄があるのでお勧めです。

<タイル・エコカラット>

タイルは種類が豊富で、小さなスペースに貼るだけでも印象が変わります。エコカラットには匂い吸着効果も。

ただし、価格が高め・タイルは目地が汚れやすい…といったデメリットもあります。

<ファブリックパネル・額縁>

額縁は画材店に行けば様々な種類が売っており、額装をオーダーする事も出来ます。小さな額縁をたくさん配置するのもお洒落。

またファブリックパネルは、自分で手作りする事もできるので、気に入った柄の布が見つかったらチャレンジしてみてください。