◆初めに・・・・

Z空調って何?という方はこちらの記事をご覧ください!

https://www.hinokiyanagoya.co.jp/event-news/achieved-10000-z-air-conditioning-unit/

◆フィルターのメンテナンス

エアコンのメンテナンスというと、フィルターの掃除が最初に思い浮かぶのではないでしょうか?

フィルターのお手入れは、冷暖房の効率や電気代に関係しますから、定期的なお手入れが必ず必要になります。

ただ、少し高いところにあるエアコンをいちいち掃除をするのはめんどくさいですよね、、、

では、Z空調の場合のフィルターのお手入れはどのように行えばよいのでしょうか。

まず、結論から言うとエアコン本体のフィルターのお手入れは、春と秋に1回ずつ行ってもらえればほとんど問題なく使用することができます。

1年中24時間つけっぱなしなのに、これだけのお手入れで使い続けられるのは、Z空調の構造に理由があります。

ヒミツはこのフィルターボックスにあります!

この中にあるフィルターがホコリやチリ、虫、花粉などを取り除いてからエアコン本体に空気が送られるので、長時間使ってもフィルターが汚れにくくなっているのです!

また、高性能フィルターなら花粉を99.9%取り除いてくれるので、花粉症の方は本当に快適に生活を送ることができますよ!

という事で、Z空調本体のフィルターは汚れにくいので、少ないお手入れで使うことができるようになっています!

◆ダクトの中は大丈夫なの?

お客様に「ダクトの中はカビが生えないの?」というご質問をよくいただきます。

その点もご心配ありません!

そもそもカビは湿度が80%以上で栄養分があり、風通しが悪いとよく増えます。

それでは、ダクトの中はどうなっているかというと、夏でもZ空調のおかげで湿度が低めで、栄養分がなく、常に風が通っている状態です。

なので、ダクトのカビの心配をするのは、窓全開で、外の風がビュービューに入る家でカビの心配をするのと同じようなものです。

条件からしてカビが発生する心配はほとんどないので、安心してください!

◆Z空調が故障した場合は?

こちらもお客様からよくいただくご質問で、「壊れてしまったら、家の中が冷暖房できなくて生活出来なくなってしまうのでは?」とか「全館空調って修理の費用がものすごく高くなるのでは?」というご質問をいただきます。

この2点も順番に説明しますね!

まず、「壊れてしまったら、家の中が冷暖房できなくて生活出来なくなってしまうのでは?」というのは確かにその通りで、全館空調の大きな課題の一つです。

全館空調機も機械なので必ず寿命があります。

基本的に1台の大きなエアコンで家中の空気を調整しているので、その機械が壊れてしまったら家中が生活できなくなってしまうという心配があります。

ただ、Z空調の場合は基本的に2階建ての場合は1階と2階に1台ずつエアコンが設置されています。

その両方が同時に壊れるという事はよほど運が悪くない限りは起きません。

つまり、どちらか片方が壊れたとしても、もう一台は動かすことができるので、リスク回避というわけではありませんが、家中が生活できなくなってしまうという事は起きにくいといえます。

また、桧家住宅の家はアクアフォームで隅々まで断熱することで、魔法瓶のような状態の家になっていますから、1台だけしか動いていなくても、家の中はそこまで不快な状態になることはないでしょう。

次に、「全館空調って修理の費用がものすごく高くなるのでは?」

こちらもやはり心配になってくる部分かと思います。

しかし、こちらのこともZ空調は考えられております!

Z空調の本体部分はDAIKINさんの市販のエアコンとほとんど同じものです。

なので、壊れた際は専門の方に依頼をして、本体を新しいものに取り換えれば直すことができますので、修理も安く済ませることができます!

一般的なご家庭で、それぞれの部屋にあるエアコンをいつかはすべて直さなければならなくなることを考えると、むしろ修理代はZ空調の方が安く済ませることができるのです。

◆Z空調を実際に見たい!体感してみたい!

CBCハウジング名駅北の桧家住宅名古屋は東海地区エリアで初めてZ空調が搭載された展示場です!

実際に見たい!体感してみたい!という風に思っていただけたらぜひ足を運んでみてください!

↓↓↓ 展示場予約はコチラから ↓↓↓

https://www.hinokiyanagoya.co.jp/realsize/

LINE公式アカウントからもご予約できます。

友だち追加