◆初めに、、、

Z空調って何?という方は初めにこちらの記事をご覧ください!

↓↓↓↓

https://www.hinokiyanagoya.co.jp/event-news/achieved-10000-z-air-conditioning-unit/

◆Z空調でできる暮らし

Z空調は快適健康経済的な生活を実現することができるシステムです。

それでは、実際にどのようにしてこれらを実現させているのか、解説していきます。

◆快適

日本の家は夏、暑い!

日本の家は、冷房をかけないと外よりも家の中が暑いのなんて当たり前!

夏になるとこんなことありませんか?

日本の家は冬、寒い!

日本の冬は、ヨーロッパと同じくらいさむい!

なのに、家の中がこんなにも寒いのは日本だけ?!

冬になるとこんなことありませんか?

 

Z空調ならこれらの問題を解決することができます。

このように夏も冬も家中ほとんど温度差のない快適な空間を作ることができますので、真夏や真冬に暑さ寒さでつらい思いは全くしなくても大丈夫になります!

 

健康

安心して生活するための家の中で、家の温度差によって多くの人がお亡くなりになっている現実はご存じでしたか?

 

◆家の中の温度差によって起きる『ヒートショック』

ヒートショックとは急激な温度差によって、血管が収縮し、血圧が一気に変化することを言います。これによって、脳卒中,心筋梗塞になってしまいお亡くなりになられてしまうことがあります。

ある年だと、交通事故で亡くなられた方の数4612人に対して約17000人の方が入浴中にヒートショックが大きな理由で亡くなっています。

 

◆欧米では・・・

欧米ではセントラルヒーティングという暖房機器が一般的です。

温水をパイプで家中に循環させることでリビングもトイレも廊下も温度差がない快適な環境が保たれています。

アメリカと比べると65歳以上の入浴中の死亡者の比率はなんと17倍以上にもなります。

それだけ日本の家が健康に良くなく、このように結果に表れています。

 

Z空調なら日本でも家中温度差がなく、健康的に生活することができる家を実現することができます!

これで、家の中で快適に健康な生活を送れますね!

 

◆経済的

ここまで、快適で健康的に生活できるという事はお伝えさせていただきましたが、どれだけ良いものでも、コストがかかってしまっては意味がありません。

また、24時間つけっぱなしという事で、光熱費が高くなってしまうのではないかと思われた方も多いのではないでしょうか?

それではZ空調の場合は実際どれくらいの費用が必要になるのかご説明します。

 

◆Z空調の光熱費は、、、

結論から言うと、一般的な家庭とほとんど同じ光熱費で実現することができます。

今までのデータを見ると、エアコンを必要な時だけつけている家庭よりも、24時間Z空調をつけっぱなしの家庭の方が光熱費が平均で若干安いという結果が出ています。

 

Z空調は開発されてからまだ4年目ですが、これらの理由で皆さんに選ばれ続けて、受注実績10,000棟、しかも全館空調シェア日本ナンバーワンになりました!

 

◆みんなに選ばれているZ空調を体感するには?

『百聞は一見に如かず』という事で、是非実際にZ空調を体感してみてください。

Z空調を体感できる展示場は名古屋駅の近くにある、CBCハウジング名駅北という場所にある、桧家住宅名古屋の展示場で体感できます。

こちらの展示場は東海地区で初めてZ空調を搭載した展示場です‼

予約はこちらから

↓↓↓

リアルサイズ展示場