家族構成 ご夫婦+お子さま2人
性能にこだわった家づくりの秘訣をお伺いしました。

家づくりのタイミング、桧家住宅を知ったきっかけは?

結婚して7年くらいアパートに住んでいて、子供が大きくなってきて手狭になってきたタイミングで、家づくりを検討しはじめました。

温度差がないホテルの快適さが好きで、アパートに住んでいた時は、トイレとかお風呂とか、冬は寒かったり、夏は暑くて汗だくになったりホテルみたいな快適さがいいなーと思って、全館空調をいろいろ調べました。

ホテルはエアコンがなくて全館空調が普通で、家づくりにも全館空調を採用しようと思って調べたらいろいろあるんだけど、
やっぱりコスパが違って、200万、250万くらいする。その中で桧家住宅のZ空調は安かったのと、断熱材のアクアフォームを調べたらアクアフォームの会社も桧家住宅のグループ会社で好印象を持ちました。

展示場に実際見に行って、実際にアクアフォームみて吹付け断熱と営業の加藤さんに惹かれました 笑

ランニングコストってところでトータルに考えて全館空調?

全館空調の場合はトータルもそうだし、やっぱり快適性。
どこいっても温度が同じ、温度のバリアフリーってやつ。温度のバリアフリーは本当に必要であって、乾燥はするんだけど、加湿器を置けばすむしね。何と言っても、どこいっても不快な感じがしないっていうのが欲しかった。
トイレの中でも土間でも。
それが活かせるのが全館空調なのかなって思うので。

Z空調の場合だと、各部屋のところにダクトが通ってて第一種換気っていうものがあるんだけど、新鮮な空気を取り込みながら廊下や玄関ホール、吹き抜け階段、家全体の空気を床下へ集めて排出してるんだよね。冬場だと外の気温の低いところから入ってきた空気を熱交換して、空気を温めて温かい空気をエアコンに送る。
だからエアコンの温度をちょっと温めるだけで快適な温度が出せるっていうところと、24時間つけっ放しなんで初動がないというか、普段から同じ温度で一定に保たれているので、電気代がずーっと平均して同じような微々たる電気代ですんでいます。

桧家住宅名古屋の印象は?

耐震計算やデザイン、他で気に入っていたハウスメーカーさんもあったんだけど、
最終的には、桧家住宅名古屋でとことんお付き合いしたいと思った。
加藤さんとは奥さんよりも親友よりもLINEした。笑

思いがある人たちが多い。プロ意識が高い。

営業の加藤さん、設計の坂井さん、現場監督の阿知波さん、それぞれが寄り添ってくれた。

大工さんが良かった。片付けとか、仕事が丁寧でいつ現場見に行っても道具箱が整頓されてて、ごみも落ちてなくて。

それと建てたあとの密接したお付き合い。
アフターメンテナンスにいたっても優秀だと感じています。

<施工事例も公開中>
全館空調で快適ホテルライフが楽しめる性能にこだわった家