60年後、どんな人生を送っていたいですか?

桧家住宅で家づくりを始められる方に、必ず投げかける質問です。

60年後、もしかしたら、お孫様がいるかもしれない未来に、この家をどうされますか?

夫婦でゆっくり暮らしたいとおっしゃる方。
リフォームしてお子様にとおっしゃる方。
ハッとして、しばし考え込む方。
この問いに返していただく表情は、まさに十人十色です。

家づくりは、その後の人生をも左右するライフイベント

だからこそ、来年、再来年だけでなく、10年後、30年後、そして60年後と想いを馳せ、生涯にわたって寄り添える家づくりをと考えています。

お打合せを進める中で、お父様の介護を視野に入れたいからと、一階に和室をつくる方がいます。
段差を極力減らし、介護車両が安全に入れるようにと、家の前のスペースを工夫される方がいます。
現在だけでなく未来も、安心して暮らせるプランを共に考えていきます。

熱帯夜もぐっすり眠れて、冬の脱衣所も凍えずにいられるように。
家中くまなく、同じ温度に保たれる事で、身体への負担がかからないように。
桧家の全館空調システム(Z 空調)、発泡断熱材(アクアフォーム)が、家族の健康を守ります。

家づくりを通じて、愛する誰かを想う。
そんなお客様の姿に寄り添いながら、ご家族の心地よさを共に考え、世代が変わっても安心して住み
続けられる場所を、創造して参ります。