人とのつながり、ここの会社の人達を働きたい。

専門学校の先生と桧家住宅名古屋と仕事をされている設計士さんがお知り合いで、紹介という形で会社に出会いました。とにかく、親切にいろいろ話を聞かせてくれたことが印象的でした。仕事内容もですが、「社風」に惹かれて、この会社で働きたいと思いました。
入ってみて、とても丁寧に指導を頂いています。桧家住宅名古屋とのご縁をくださった設計士さんも一緒にいろいろ教えてくださいます。
最近では、ご契約後のお客様と打ち合わせと実施設計図の作成をさせて頂いています。とても緊張感もありますが、やり終えた時はとても達成感があります。この達成感を積み重ねて、1軒のお住まいが完成するのが楽しみです。

小さい頃から狭いところが落ち着く

小さい頃、押し入れを秘密基地のようにして過ごす事がありました。
その名残か、狭い場所が落ち着きます。桧家住宅の家では、小屋裏収納もありますが、自分は「階段下収納」がお気に入りです。それくらい狭くでもいいって意味なんですけど(笑)漫画を持ち込んだり、自分だけの空間に作り上げて、自分の時間に没頭たいですね(笑)
狭い空間でも落ち着く空間を作れる、家を楽しむ心を忘れず、お住まいづくりに関わっていきたいと思います。

かゆいところに手の届く人材になりたい。

自分を家に例えるなら、「間柱」でありたい。
間柱とは、柱や梁といった主要構造部ではありません。柱と柱の間にある木材の事をいいます、この間柱があることで工事がしやすく、壁も作りやすくなります。実は、窓の場所によっては間柱がないと設置する事ができません。今は、申請業務にも携われるように勉強しています。
自分が居る事で家づくりがスムーズに進む、また、いろいろ教えて下さる上司や先輩社員などの仕事をサポートして恩返していける、そんな人材になりたいと思っています。